Column
印刷範囲
全体プリント
本文プリント

お役立ちコラム

社名を掲載していますか?

社名を間違えられることがあります ネット上の記事や郵便物の宛名などの社名が間違っていることがあります。ウェブサイトの担当者として、何かできる …

「強み」はキチンと理解しなければ「強み」にはならない

「強みを伸ばそう」「強みを活用しよう」「強みで勝負しよう」など、何か解決策を求める人たちに向けてよく使われる言葉――「強み」。 あらためて「 …

会社はどこに向かうのか?

あやとりの業務のひとつにサイト診断があるのですが、どういう判断で進めるのがよいか、毎回悩ましいところです。サイト診断とは「ユーザーから見える …

コラムのすすめ

ウェブサイトのコンテンツを充実させたい 自社ウェブサイトがあるのですが、これといったお知らせもなく、しばらく情報が更新されていません。どうし …

企業に必要な2つの機能

マーケティングとイノベーション マーケティングとイノベーションだけが成果をもたらす Business has only two functi …

スマートフォン時代でも、企業サイトはなぜ必要?

アプリやソーシャルメディアが重視される風潮ですが… 近頃はスマートフォンを使えば、どこにいてもネットにアクセスできるようになりました。ウ …

役員や社員の顔写真はどのくらい掲載するか?

役員や社員の写真を載せたい 自社サイトで、活気ある会社の雰囲気を出すために、役員や社員の<いきいき>とした表情の写真を掲載したいと思っていま …

2018年年頭あいさつ――文章力を問われる時代

あなたは文章力に自信がありますか? お正月は、趣味の乗馬と身のまわりの片づけを除けば、ゆったりと静かな時間を過ごせたかと思っています。静かな …

会社は利益のみを追求すればいいのか?

『小説でわかる名著「経営者の条件」人生を変えるドラッカー 自分をマネジメントする究極の方法』の中で、印象的な場面があります。あるタウン誌の優 …

社長をウェブサイトに掲載する際に気をつけたいこと

自社サイトで会社のトップを紹介したい 自社サイトで、社長メッセージを本人の写真入りで掲載したいと考えています。企業理念を伝えるコンテンツ、就 …

番外編:ドラッカーの本はどれから読むか?

当コラムで毎回登場するドラッカー。少しは興味をもっていただいていますか?今回は、ドラッカーに関する質問にお答えする【番外編】をお届けします。 …

人材採用コンテンツは自社でも持つべきか?

「リクナビ」「マイナビ」だけで十分? 人材不足で採用を強化したいのですが、「リクナビ」や「マイナビ」のようなサイトに自社情報を載せればいいの …

マーケティングは、会社全部!

前回のコラムで、マーケティングは市場創造活動と訳せるのではないかと締めくくりました。今回は、その市場創造活動(マーケティング)とはなにをする …

海外支社サイトのガバナンス

各国の支社サイトに統一感がない… 当社にはいくつか海外支社があり、支社ごとにウェブサイトを立ち上げています。それぞれが独自に運営しているため …

マーケティングの理想は、販売を不要にすること?!

マーケティングには「コレだ!」という訳語がない 1. 「Marketing」を日本語に訳せ、と言われたら 今でも忘れられない出来事があります …

ウェブガバナンスは、何をどこまでやるべきか?

乱立するサイトをきちんとガバナンスしたい… 自社では数多くのウェブサイトがあり、さらに最近では多くのソーシャルメディアアカウントが増え、 …

日本企業こそマーケティングの活用を!

フィリップ・コトラーも日本のマーケティングを憂いている 1. 日本人はマーケティングを誤解している 今回のコラムの大テーマは「マーケティング …

ウェブサイト運営、何をもって成功とみなすか?

ウェブサイトを運営するうえで、何をもって成功とみなすか、定まっていません 会社の中でウェブ担当をしていますが、日々の運営において、ウェブサイ …

ウェブとマーケティングの関係性

「世界中のウェブサイトの数、知ってる?」「35億・・ウソ、約10億」 「March 2016 Web Server Survey」2016年 …

ウェブアクセシビリティの対象範囲とは?

自社ウェブサイトのアクセシビリティ改善に取り組んでみたいと思うのですが、社内では「うちの会社はB2Bの商売だし、障碍者の方はアクセスしないのでは?」という反応が大半で、優先度を高くできそうな雰囲気ではありません。本当にそれでいいのか、釈然としないのですが…

ページタイトルのきめかた

ウェブページのタイトルって、どうつければいいのだろう… 新規ページを作成するとき、そのページにどんなタイトルを付けたらよいか悩むことがあ …

IT部門を巻き込もう

ウェブ戦略を立案したり戦術に落とし込むにあたり、最近は「クラウド」「IoT」「ビッグデータ」「チャットボット」「AI」…など、技術的なソリューションが多く絡むようになってきました。しかし、技術的なことがよくわからず、正しい判断ができるか不安です。

顧客が求めているコンテンツをコツコツと更新していくことに尽きる

ウェブサイトリニューアルをした直後、アクセス数が大きく伸びたので安心して、社内の熱が冷めてしまいました。しばらくコンテンツ更新をせずに放置していたらリニューアル前のアクセス数に逆戻りしてしまいました。

制作会社への「教育」を考える

自社サイトの制作を委託しているウェブ制作会社により大きな役割を果たしてもらいたいと思っています。 からの成果物が、どうも期待したクオリティにならず、差し戻しになることが多くて困っています。相手は制作/デザインのプロなのに…という気持ちもあり、制作会社を「教育」すべきなのか、悩んでいます。どうしたらよいでしょうか?

30分無料オンライン相談 受付中!ウェブ戦略の専門家が
ご相談を承ります!

無 料

ウェブ戦略お役立ち資料

企業のウェブ担当者必見の
お役立ち情報が満載!

ページの先頭へ