見込顧客をゴールに導くサイト設計術

自社のウェブサイトに訪れた見込顧客の興味関心を高め、注文やお問い合わせといったゴールに導くためのウェブサイト設計のポイントや手法についてご紹介しています。

関連リンクを積極的に活用しよう

サイト内の回遊が少ない… 自社サイトのアクセス解析をしているのですが、「直帰」が多く、サイト内の回遊が減っているようです。サイトを訪れた …

ページタイトルのきめかた

ウェブページのタイトルって、どうつければいいのだろう… 新規ページを作成するとき、そのページにどんなタイトルを付けたらよいか悩むことがあ …

グローバルナビに何を入れて何を入れないか?

グローバルナビに何を入れて、何を入れないかを決める方法は? 自社ウェブサイトのリニューアルをすることになりました。新しいサイトデザインで、グ …

ランディングページを最適化しよう

ランディングページを最適化とはどういった意味でしょうか? 営業部から異動になり、突然ウェブ担当者になっりました。慣れない横文字だらけで覚える …

情報の「塊 (かたまり)」を意識する

情報設計を考える際に、意識すべきポイントを教えてください 当社はサイトリニューアルを計画しております。リニューアル際に、情報設計の観点から既 …

情報設計は「斜め読み」されることを前提に

コンテンツの配置や文章を考える際、おさえておきたいポイントを教えてください ウェブ担当の部署に配属されて3ヶ月が経ち、上司からサイトコンテン …

ユーザーの「コンテキスト」に気を配る

サイトを設計する過程コンテキスト? ウェブサイトを設計する過程で、「コンテキストが重要」と耳にしますが、「コンテキスト」はどのような意味で使 …

バナー画像は無視されがち?

ウェブサイトを設計していると、リンクをバナー画像にしてほしい、という要望をいただくことがしばしばあります。テキスト (文字) によるリンクよ …

ウェブサイトはファーストビューが命

ユーザーはホームページにアクセスしてきた際に、数秒でそのサイトを判断し、興味をひくものがなければすぐに離れてしまいます。 その為、ファーストビューでいかにページの要点を伝えるかが、サイトのデザイン・レイアウトにおいて重要な要素となります。

「コントラスト効果」を意識した導線設計

読む人たちの心理負荷にも考慮しながら、サイトの導線設計をしましょう。ウェブサイトにおけるコンバージョン獲得の上でも、コントラスト効果を意識した設計は役に立ちます。

初頭効果と親近効果

認知心理学のキーワードに、初頭効果と親近効果というものがあります。 今回はこの考え方のウェブサイト設計への応用についてご案内します。

30分無料オンライン相談 受付中!ウェブ戦略の専門家が
ご相談を承ります!

無 料

ウェブ戦略お役立ち資料

企業のウェブ担当者必見の
お役立ち情報が満載!

ページの先頭へ