印刷範囲
全体プリント
本文プリント

ウェブサイトのBCP~緊急時のウェブ活用が企業の命運を決める

緊急時にユーザー(顧客)に情報を提供するための手段として、ウェブサイトの役割はとても大きいです。しかし緊急時は、インフラ環境も運営体制も平常時通りとはいきません。緊急時にウェブサイトを使って適切に情報発信するために考えるべきことについてご紹介しています。

災害発生時の情報発信の心得

ここ数年で、「BCP (Business Continuity Planning:事業継続計画)」という言葉はさまざまなところで聞かれるよう …

緊急告知を事前に想定する

先日、東京三菱UFJ銀行のホーム (トップページ) に「重要なお知らせ」が掲載され、Web業界でちょっとした話題になりました。 上部の大きく …

今のウェブサイト運用体制、緊急時でも大丈夫?

今や、ウェブサイトはコミュニケーションツールとして最も身近なものであり、ビジネスにも欠かせないものとなりました。 それに伴い、「どんなページ …

クラウド活用のススメ

ウェブサイトは緊急時や災害時の情報発信ツールとしての重要性も高まってきています。緊急時に備え、ウェブを有効活用するためにも、Webサーバーをクラウド化することや定期的に公開ページのバックアップを取っておくことが大切です。

30分無料オンライン相談 受付中!ウェブ戦略の専門家が
ご相談を承ります!

無 料

ウェブ戦略お役立ち資料

企業のウェブ担当者必見の
お役立ち情報が満載!

ページの先頭へ