ウェブマネジメントのキホン

ウェブサイト運営やリニューアル構築などプロジェクト進行や社内調整をおおこなううえでのプロジェクトマネジメントの秘訣をご紹介しています。

ウェブ会議(オンライン会議)を上手に進める20のコツ

対面形式の会議を想定して準備していた内容をウェブ会議にすると、司会進行者としても参加者としても悪戦苦闘することがしばしばあります。ウェブ会議だからこそ必要な配慮が求められるからです。 今回はそのような経験もふまえ、ウェブ会議を上手に進めるコツを、「司会進行者(ファシリテーター)の立場」と「参加者の立場」からご紹介します。

制作会社への「教育」を考える

自社サイトの制作を委託しているウェブ制作会社により大きな役割を果たしてもらいたいと思っています。 からの成果物が、どうも期待したクオリティにならず、差し戻しになることが多くて困っています。相手は制作/デザインのプロなのに…という気持ちもあり、制作会社を「教育」すべきなのか、悩んでいます。どうしたらよいでしょうか?

ウェブサイトの方向性について意見が割れてしまったら

社内でウェブサイトの方向性について議論していて、意見が割れてしまいました。ウェブ担当者として、どのように取りまとめればよいでしょうか?

情報の責任は誰がもつべきか?

今回は、企業ウェブにおける情報発信の責任分担について、少しお話ししたいと思います。 みなさんの会社でも、多くの方が、ウェブを通じてさまざまな …

わかりやすく伝え、行動を後押しする

ウェブ戦略策定書を社内上層部に報告しなければならないのですが... 当社は来年9月のサイトリニューアルに向けて、プロジェクト進行中です。現在 …

ホーム (トップページ) の「場所取り争い」

ウェブサイトを設計していて、あるいは運営していて、しばしば問題になるのが、ホーム (トップページ) における「場所取り争い」です。特に、比較 …

「声の大きい人」に注意

ウェブサイトのデザインやコンテンツについて議論する際、「声の大きい人」に引きずられてしまうことはありませんか?そういう場合は大抵、「ウェブサイトを使うのは誰なのか」という合意形成がきちんとなされていないことが多いのです。

意思決定は自社でおこなうべし

業者丸投げのリニューアルプロジェクトではなく、当社とお客さまとの協働で、かつお客さまにも主体性のある意思決定をおこなうプロジェクトにする必要があります。

30分無料オンライン相談 受付中!ウェブ戦略の専門家が
ご相談を承ります!

無 料

ウェブ戦略お役立ち資料

企業のウェブ担当者必見の
お役立ち情報が満載!

ページの先頭へ