ウェブサイトはファーストビューが命

投稿日: | 投稿者:谷川 雄亮
ファーストビューが大切?

本やセミナーで「ファーストビュー」という言葉を目や耳にしますが、そもそも「ファーストビュー」とはどのようなことでしょうか?

ファーストビューとは

 


 

ウェブサイトにおけるファーストビューとは、ユーザーがそのサイトにアクセスした際に、一番最初に表示され、ユーザの目に入る画面の範囲の事です。

ユーザーはウェブサイトにアクセスしてきた際に、数秒でそのサイトを判断し、興味をひくものがなければすぐに離れてしまいます。 その為、ファーストビューでいかにページの要点を伝えるかが、サイトのデザイン・レイアウトにおいて重要な要素となります。

特に、下記のような情報がファーストビューで表示されないと、せっかく来た訪問者が有益な(見せたい)コンテンツに気づくことなく去っておこなってしまうという「もったいない」事態になります。

  • 何についてのウェブサイトか一目でわかるか?
  • 誰が(どこの会社が)運営しているサイトか一目でわかるか?
  • メインコンテンツへのリンクメニューがどこにあるか明確か?
  • ゴールページへのリンクがどこにあるか明確か?

ファーストビューがどこまでなのか?これは、訪問者のパソコンの解像度によって変わってきます。
下記は、Googleを訪れる人のブラウザサイズを視覚化したイメージです。
ブラウザサイズのシミュレーション

このほかにも、多くのアクセスログ解析ツールで訪問者のパソコンの解像度の比率を調べることができますので、実際に運営するウェブサイトの訪問者の環境を調べ、実態に合わせた配慮をすることが望ましいです。

 

30分無料オンライン相談 受付中!ウェブ戦略の専門家が
ご相談を承ります!

無 料

ウェブ戦略お役立ち資料

企業のウェブ担当者必見の
お役立ち情報が満載!

ページの先頭へ