印刷範囲
全体プリント
本文プリント

戦略的サイト構築には「要件定義」フェーズを

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サイトリニューアルを検討していますが、どこから手を付ければよいか分かりません

サイトリニューアルを検討していますが、コンセプトワークからどうしたらいいか悩んでいます。制作会社へ発注をするにも、どう年間計画をたてればいいかわかりません。

構造設計やデザイン制作の前に「要件定義」をおこなう


戦略的にサイト構築をおこなう場合、構造設計やデザイン制作の前に「要件定義」というフェーズを設けます。

具体的に詰めることは、

  • サイトのゴールと目標(具体的数値目標も設定)
  • 事前調査(市場調査、競合調査、自社分析など)
  • サイト要件(ページ構成要件、デザイン要件、コンテンツ要件、機能要件、インフラ要件など)
  • ターゲットユーザー像
  • ターゲットブラウザ
  • ユーザビリティ/アクセシビリティ指針
  • プロジェクトスケジュールとロードマップ
  • プロジェクトにおける作業分担と体制
  • 運用開始後の体制
  • 継続検討課題の整理

などがあります。


プロジェクトメンバーの各々が漠然と考えているアイデアや想いはあると思いますが、メンバー間で話し合い、やりたいことを「視える化」することが大切です。
その後のフェーズを進める上でのブレや脱線を防止することにもつながります。

この中でも特に重要な議題のひとつが、「ロードマップ」を敷くということです。
盛りだくさんのコンテンツ案・機能案を、全部まとめて完成させようとして大幅にオープンが遅れてしまう事例や、話が膨らみすぎてプロジェクトが次第にブレてしまうという事例をよく耳にします。

技術やアイデアの進歩が早いこと、PDCAの改善サイクルを回しやすいことがWebの最大の強みです。欲張らずに、優先順位を定めてフェーズ分けし、短期だけでなく長期的目線ももって計画を立てましょう。

 

ウェブ戦略の専門家がご相談を承ります。お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。
BtoB企業ウェブ担当者必見のお役立ち情報が満載のウェブ戦略ノウハウ資料が無料でダウンロードできます。

東京~大阪までご支援可能です。まずはお問い合わせフォームよりご相談ください。お問い合わせの前に初めてのかたへをご覧ください。

BtoB企業の戦略的ウェブサイト活用セミナー 属人営業/感覚営業から脱却するためのウェブ活用術! 2017年7月27日(木)@品川
ウェブマネジメント講座 対面研修2日コース 2017年10月5日(木)、6日(金)@東京
タグ :
ページの先頭へ