印刷範囲
全体プリント
本文プリント

情報の「塊 (かたまり)」を意識する

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
情報設計を考える際に、意識すべきポイントを教えてください

当社はサイトリニューアルを計画しております。リニューアル際に、情報設計の観点から既存のサイトコンテンツを情報設計の観点から見なおす予定ですが意識すべきポイントを教えてください。


以前書いた記事 (情報設計は「斜め読み」されることを前提に) で、ウェブページは「じっくり読む」というよりは「さっと斜め読みする」ことが多い、というお話をしました。

この「斜め読み」を少し深掘りして考えると、人は情報を「塊 (かたまり)」で捉えることに気づきます。

人は情報を「塊」で捉える

ユーザビリティテスト (ユーザーの行動観察) をしていると、見出しから見出しに目線が飛んだり、複数並んでいるサムネイル画像だけを次々に一瞥したり、といった様子を見ることが多々あります。その際、ユーザーは「見出しだけ」「サムネイル画像だけ」を見ているわけではなく、なかば無意識的ではありますが、それぞれに付随している、いわば「本文」部分も「チラ見」して、おおよその情報量や難易度を測ったりしている (深く読み込むべきか「ふるい」にかける) ものです。

このときのユーザーの作業負荷をできるだけ下げてあげることが、ユーザビリティの向上につながります。つまり、目にとまる見出しやサムネイル画像と、それに付随する情報本文を、ひとつの「塊」として認識しやすくしてあげる…といった具合です。

「塊」を認識しやすい情報設計

情報を「塊」として認識しやすくするための情報設計には、さまざまなノウハウがありますが、たとえば、以下について気をつけるとよいでしょう。

  • コンテンツのカテゴリー (メニュー) 分け
  • 各ページの画面構成
  • コンテンツの中身 (文章の構成や、文章とビジュアルの配置など)

こうして検討した「塊」に対して、最終的に適切な名前付け (ラベリング) や配色 (カラーリング)、視覚的なレイアウトなどを施すことで、ユーザーにわかりやすいサイトを作ることができます。

当然のことですが、情報の「塊」を意識する際には、サイト運営側 (企業側) の都合や論理ではなく、ユーザー (顧客) 視点であることが大事です。想定しているターゲットユーザーの頭にすっと入る、かりやすい「塊」になっているか?を意識するようしましょう。

 

ウェブ戦略の専門家がご相談を承ります。お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。
BtoB企業ウェブ担当者必見のお役立ち情報が満載のウェブ戦略ノウハウ資料が無料でダウンロードできます。

東京~大阪までご支援可能です。まずはお問い合わせフォームよりご相談ください。お問い合わせの前に初めてのかたへをご覧ください。

BtoB企業の戦略的ウェブサイト活用セミナー 属人営業/感覚営業から脱却するためのウェブ活用術! 2017年7月27日(木)@品川
ウェブマネジメント講座 対面研修2日コース 2017年10月5日(木)、6日(金)@東京
ページの先頭へ