Web Marketing
印刷範囲
全体プリント
本文プリント

第4回:会社は利益のみを追求すればいいのか?

投稿日:

『小説でわかる名著「経営者の条件」人生を変えるドラッカー 自分をマネジメントする究極の方法』の中で、印象的な場面があります。あるタウン誌の優秀な法人営業担当者が突然、仕事へのモチベーションをなくしてしまいます。いつも営業成績トップだった彼が目標未達。心配した同僚が声をかけると、彼は「お客さんのことが、数字にしか見えない」と言いました。翌日から彼は会社に来なくなり、ついには退社してしまうのです。数字を追い続けた彼に、一体何が起こったのでしょう。

1. 企業の目的とは何か?

会社は何のために存在するのでしょうか。「企業の目的」は学問分野でも中心となるテーマです。

そもそも会社の使命は利益をあげることで、いかに多くのお客さまに商品やサービスを購入してもらい、株主には高い配当を、従業員には給与や待遇を厚くしていくことが目的だとすれば、それを達成するために「お客さんが数字に見える」ことは当然のことでしょう。

「利益を伴わない(求めない)仕事はボランティア」「利益を出し、そこから税金を納めることで最低限の社会貢献をおこなう」などの意見もあります。

2. 日本の企業の65%は赤字!

平成27年度国税庁の調査によると、法人数263万436社のうち利益計上法人(黒字企業)が93万9,577社 、欠損法人(赤字企業) が169万859社 で 、欠損法人の割合は64.3%となっています。日本の企業の約65%は赤字で、利益を出し国に納税している法人は35%ほどでした。

つまり、日本企業の実態は、利益が伴わないために税金を納めることができず、最低限の社会貢献すらできていない企業が65%もあることになってしまいます。

利益を出すことを企業の存在目的だとするならば、なぜ利益を伴わない企業が事業を続けるのでしょうか?赤字企業が事業をやめれば黒字企業だけが残り、利益が出ている企業だけが存在することになるはずです。

本当に「利益の追求」が、企業の目的なのでしょうか。

3. 利益は目的ではないし、動機でもない

ドラッカーは、「利益は目的ではないし、動機でもない」といいます。

利益とは、企業が事業を継続・発展させていくための条件である。明日さらに優れた事業を行なうためのコスト、それが利益である

すでに起こった未来 変化を読む眼 ダイヤモンド社、1994年

この話をすると「経営というのはキレイごとではない」「ビジネスがわかっていない」と言われるのですが、企業は利益追求のために社会に存在するのではなく、企業が生み出す財やサービスで顧客を満足させ続けることによって、企業自体が継続し、発展することを目的とするのです。

そして、顧客が満足し、財やサービスに対して支払い続ける対価こそが「利益」なのです。つまり、利益は目的や動機ではなく結果であり、顧客満足の「尺度」であるとドラッカーは位置づけます。

4. 最小限度の利益であれば目的を設定できる

ドラッカー理論を「利益」というキーワードで再構築した本『ドラッカーの黒字戦略』(藤屋伸二、CCCメディアハウス、2014年)では、最小限度の利益の考え方は、「根拠のある具体的な数値で示せる」と指摘します。

とにかく利益をあげることが目的となる「利益の最大化」のもとでは、去年の数字より今年、昨月の数字より今月、昨日の数字より今日が上回っていればよい、ということになります。

「最小限度の利益」とは、自社の理想像を描き、それに近づくためのプロセスにかかるすべてに必要な費用であり、利益はドラッカーのいう未来費用となるのです。

マーケティング、イノベーション、商品開発、市場開拓、人材の採用や教育訓練、社員への報酬、将来の不測の事態への備え、社会貢献、施設や設備、税金…列挙すればきりがなく、すべてにおいて資金が必要になることがわかります。このための費用をまかない、企業が事業を維持・発展させていくために重要なものが利益です。

利益の最大化が目的では、近視眼的経営に陥り、企業を維持存続することができないでしょう。従業員が「お客さんのことが、数字にしか見えない」と言うようでは、人間として心が疲弊してしまいます。企業という、社会に必要不可欠な存在を通して、社会に貢献していくこともできません。

貴社の理想像、目的、組織のメンバーとして何をすればいいのか…。この年末年始にじっくり考えてみませんか。

ウェブ戦略の専門家がご相談を承ります。お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。
BtoB企業ウェブ担当者必見のお役立ち情報が満載のウェブ戦略ノウハウ資料が無料でダウンロードできます。

東京~大阪までご支援可能です。まずはお問い合わせフォームよりご相談ください。お問い合わせの前に初めてのかたへをご覧ください。

第6回ウェブマネジメント講座 対面研修2日コース
BtoB企業の戦略的ウェブサイト活用セミナー@東京
第3回「考えていますか?ウェブ制作のチームビルディング」
BtoB企業の戦略的ウェブサイト活用セミナー@名古屋
第3回「考えていますか?ウェブ制作のチームビルディング」
ページの先頭へ