営業時間 9:30〜17:30(平日)
サイト内検索
- 文字サイズ +

サイト運営の心構え

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト運営の心構えWeb サイトは、今や企業のブランディングや営業マーケティングにとって必要不可欠なツールです。多くの人々が日常的にインターネットを介して情報収集やコミュニケーションを行なうようになった現在、Web をどう活用するかがビジネスの成否に大きな影響を与える時代と言ってもよいでしょう。

今回のコラムでは、Web サイトの運営を担当されることになった方やWeb サイトの運営をマネジメントする立場になった方 (経営者を含む) に、サイト運営の心構えとして押さえておいていただきたいことについてご紹介したいと思います。

Web というメディアの特性を理解する

Web サイトを運営するにあたっては、Web というメディアの特性を理解し、その特性をうまくいかすことが大事です。以下、あげてみましょう。

ユーザー中心

Web は「ユーザー中心」のメディアです。他のメディアが「発信側からの一方的なコミュニケーション」であるのに対し、Web は「双方向のメディア」と言えます。Web サイトはユーザーの能動的な行動に対して的確にこたえられるものでなければ存在価値がありません。

エコシステム

Web の世界において、自社サイトだけで繁栄し続けることはできません。検索エンジン、ソーシャルメディア、クチコミ (レビュー) サイトなど、外部のサイトで自社のサイトがどう扱われているかも大きなポイントです。また、自社サイトのコンテンツの中にはGoogle マップや YouTube 動画など他のサービスの仕組みを借用しているものも少なくないことでしょう。Web サイトというのは、大きな「Web エコシステム(Web 生態系)」の中で生かされている存在と言えます。

低コスト/スピーディ

Web サイトを広告/広報の手段のひとつとして考えた場合、マスメディアを介した情報発信に比べ、低コストかつスピーディに情報を発信することができます。中小企業や個人商店でも工夫次第で大手企業に負けない充実した情報発信が可能です。

アクセス解析

他のメディアと異なりWeb サイトでは、ユーザー (サイトへの来訪者) の足取りを「アクセス解析」という形でモニターすることができます。ユーザーの興味関心は何か、ユーザーがつまずくのはどこかといったことを実データで見ることができます。それをもとに効果的な PDCA サイクルを回すことができます。

アクセシビリティ

他のメディアと異なり、Web サイトは「アクセシビリティ」に優れています。老眼や弱視の方が画面を拡大したり、視覚障碍者が音声でコンテンツ内容を読み上げたり (あるいは点字で出力したり)、聴覚障碍者が動画を字幕で楽しんだりといったことが可能です。スマートフォンのような小さな画面でも PC と同等の情報にアクセスすることもできます。この特性をうまくいかすことで、さまざまなビジネス上の機会損失を防ぐことができます。

リスクを理解する

Web サイトの運営には以下のようにリスクもいろいろとあります。リスクを正しく理解し適切な対応策を講じることが大事です。

  • 簡単に (低コストで/スピーディに) 情報発信ができるだけに、ひとりの担当者の不注意で安易に誤発信をしてしまう。
  • 顧客とのコミュニケーションがこじれて、ソーシャルメディアを介して「炎上」する。
  • 顧客の個人情報を取得している場合、その情報が漏えいする。
  • クラッキング (ハッキング) によるコンテンツの改ざんやサーバのダウンなどによって、サイト運営が平常通りできなくなる。

どうすればよいか?

Web の特性や、サイト運営に付随するリスクを踏まえたうえで、では実際にどうすればよいのでしょうか?以下、あげてみましょう。

運用管理のガバナンスを整備する

効果的な情報発信、適切な顧客とのコミュニケーション、リスク対策といった観点でWeb サイト運用管理のガバナンスを整備しましょう。人員体制、教育、ワークフロー、緊急対応フロー、制作ガイドラインなどさまざまな要素が含まれます。このようなガバナンスをきちんと整備し徹底することでサイト運営の品質維持/向上が期待できます。

「ユーザー中心」を徹底する

ひとくちに「ユーザー中心」と言ってもさまざまな要素があります。たとえば、以下、とくに意識したいものです。

  • 検索エンジンからの流入 (集客) を期待するのであれば、「ユーザーの言葉」を意識してコンテンツを作る。
  • アクセシビリティを担保し、つまらない機会損失がないようにする。
  • 組織の都合ではなく、ユーザーが求める情報に素早く到達でき、かつ快適に利用できることを優先する。
  • ユーザーからのコミュニケーションを快適にする。問い合わせ窓口、取引 (購入) 手続きなどでユーザーに余計な負荷をかけないよう配慮する。
  • さまざまなデバイス (PC、タブレット、スマートフォン)、さらには Web 以外の顧客タッチポイントも含めた「クロスチャンネル」を意識し、一貫して良質なユーザー体験 (User Experience = UX) を提供する。

法令を順守する (コンプライアンス)

Web サイトの運営にあたっては、さまざまな法令が関係してきます。「知らなかった」ではすまされません。以下の法律についてはひととおりの理解をしておくとよいでしょう。

  • 個人情報保護法
  • 商標法
  • 著作権法
  • 景品表示法
  • 特定商取引法
  • 下請法

セキュリティ対策を講じる

情報の漏えい防止のため暗号化した (SSL をかけた) フォームを使う、改ざん防止のため脆弱性チェックを実施するといったセキュリティ対策を講じるようにしましょう。また、セキュリティ問題の多くは「人災」であることが意外に多いので (社員が営業目的で顧客データをノートPCにダウンロードして持ち歩き、そのノートPCを飲み会の後の電車に置き忘れたなど…)、担当者に対する定期的なセキュリティ教育も不可欠です。

絶えずアップデートする

Web サイトは「生きもの」です。鮮度の高い情報更新を継続的に行なう、アクセス解析やユーザビリティテストを採り入れて PDCA サイクルを回すといった具合に、絶えずアップデートし続けるようにしましょう。

楽しむ

以上、いろいろとあげました。「Web サイト運営って大変だな」と思われた方も多いと思います。実際「楽 (らく)」ではありませんが、トライ&エラーや仮説検証がやりやすく、施策に対する効果も見えやすいので、その意味では「楽しい」と言えます。Web サイト運営を担当される (あるいは管理される) 皆さんには、大いに「楽しみ」つつ、生き生きとした情報発信/コミュニケーションをしていただければと思います。

ウェブ戦略の専門家がご相談を承ります。お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。
BtoB企業ウェブ担当者必見のお役立ち情報が満載のウェブ戦略ノウハウ資料が無料でダウンロードできます。

東京~大阪までご支援可能です。まずはフォームよりお問い合わせください。

BtoB企業のウェブ担当者必見!!売上アップに貢献するウェブ解析の活用方法
seminar-banner20170119

【無料】BtoB企業ウェブ担当者必見のノウハウ資料ダウンロード

戦略的ウェブ活用のエッセンス/事業戦略と同期した戦略的ウェブ活用のノウハウをギュッと凝縮!
失敗しないための戦略的ウェブサイト構築手順/リニューアルを成功させる秘訣は「作り始める前にやるべきこと」にある
ウェブマネージャーが身に着けておくべき7つのスキル/企業のウェブ担当者に求められる7つのマネジメントスキルとは?
セールスとマーケティングをつなぐウェブ解析/営業部門との連携を図り、営業員が活躍しやすいように後方支援をする
ページの先頭へ