営業時間 9:30〜17:30(平日)
サイト内検索
- 文字サイズ +
印刷範囲
全体プリント
本文プリント

「ストーリー」を顧客と共有する

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数年、新製品や新サービスのプロモーション動画を、TVCM ではなく Web 経由 (主に YouTube) で見る機会が増えたような気がします。たとえば、以下のようなものです。

Meet the Nest Learning Thermostat (学習する温度計「Nest」の紹介)
Google Nexus7 : Fear Less (タブレット端末を使いながら、少年が自らのスピーチ恐怖を乗り越えてゆく物語)
『アンキスナップ』は恋にも効く!? (ぺんてる「AnkiSnap」の紹介)

TVCM 枠を買えない企業でもプロモーション動画を発信できる時代

こういった動画を見て感じるのは、プロモーション動画は、TVCM 枠を買える資金潤沢な大企業だけのものではなくなったな、ということです。Web の動画共有サービス (YouTube など) によって手軽に動画を公開できる時代になり、実際、多くの新興企業 (たとえば上に挙げた「Nest」など) が自社製品/サービスを訴求するために、こぞって動画を配信するようになっています。

Web の動画共有サービスであれば、TVCM にあるような「15秒」という枠にとらわれる必要もありませんし、視聴デバイスとしてスマートフォンやタブレットが広く普及している (テレビに比べて「ユビキタス」である) ことも、メリットと言えるでしょう。オウンドメディア (自社で運営するサイトやメールマガジンなど) やソーシャルメディアを戦略的に活用してうまく誘導すれば、動画のリーチ数やシェア数を伸ばすことも可能です。

「ストーリー」をユーザー (顧客) と共有する

モノ (製品) やコト (サービス) の利用を通じてユーザーが得られる経験価値のことを、「ユーザーエクスペリエンス (User Experience / UX)」と言いますが、この「UX」デザインのツールのひとつとして、「ストーリーテリング (Storytelling)」という手法があります。ユーザーの行動 (顧客の消費行動) を「ストーリー (物語)」として捉え、関係者がそれを共感を伴いながら共有することで、適切な企画、設計、開発、運営、につなげよう、というものです。

せっかくなので、その「ストーリー」を映像化して、内部のプロジェクト関係者だけでなく、外側にいるユーザー (顧客) とも共有する、というのはいかがでしょうか。製品やサービスの価値が (多少なりとも感動を伴ってた形で) 市場に伝わりやすくなるかもしれません。

ところで、上で例示したプロモーション動画にはいずれも、ユーザーの「ストーリー」があります。そんな観点で改めて見ていただいて、自社ならどんな「ストーリー」をユーザー (顧客) と共有できそうか、考えてみるのも面白いと思います。

ウェブ戦略の専門家がご相談を承ります。お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。
BtoB企業ウェブ担当者必見のお役立ち情報が満載のウェブ戦略ノウハウ資料が無料でダウンロードできます。

東京~大阪までご支援可能です。まずはフォームよりお問い合わせください。

BtoB企業のウェブ担当者必見!!売上アップに貢献するウェブ解析の活用方法
seminar-banner20170119

【無料】BtoB企業ウェブ担当者必見のノウハウ資料ダウンロード

戦略的ウェブ活用のエッセンス/事業戦略と同期した戦略的ウェブ活用のノウハウをギュッと凝縮!
失敗しないための戦略的ウェブサイト構築手順/リニューアルを成功させる秘訣は「作り始める前にやるべきこと」にある
ウェブマネージャーが身に着けておくべき7つのスキル/企業のウェブ担当者に求められる7つのマネジメントスキルとは?
セールスとマーケティングをつなぐウェブ解析/営業部門との連携を図り、営業員が活躍しやすいように後方支援をする
ページの先頭へ