RFP(提案依頼書)作成/業者選定

    目的達成のために最適なパートナーを選ぶ

    おすすめ資料『失敗しないための戦略的ウェブサイト構築手順』
    この資料をダウンロードする

    RFP作成/業者選定とは

    プロジェクト計画に基づき、新たに外注業者の選定が必要な場合は、RFP(提案依頼書)や業者選定評価表を作成し、業者選定の支援をおこないます。

    RFPを提示して業者選定をおこなうことで、精度の高い提案受けられるようになり、目的達成のために最適なパートナーを選ぶことができます。また、要求事項をRFPとしてドキュメンテーションすることで、プロジェクトの目指すべき方向性についてプロジェクトメンバーで意思統一ができるようになります。さらに、業者選定後に進める委託業務の成果物の受け入れ検査をするにあたっても、妥当性の評価基準としても役立ちます。

    RFP作成/業者選定の手法詳細

    提案依頼書(RFP)作成
    提案依頼書(RFP)作成ウェブ戦略策定を中心とした上流工程を当社がご支援したうえで、デザイン制作やシステム開発は他の制作会社に委託しての構築を希望される場合、ウェブ戦略策定書をもとに、業者選定要件をRFP(提案依頼書)としてまとめます

    業者評価基準表(採点表)作成
    業者評価基準表(採点表)作成せっかく質の高いRFPを作成しても、候補外注業者の提案内容に対しての評価基準があいまいなまま評価を始めてしまうと、結局「声の大きい人」の鶴の一声で採用外注業者が決まってしまい、RFPに基づいた業者選定をする意味がなくなってしまいます。納得感を持ちつつ、公正な評価で選定するために、RFPとあわせて業者評価基準(採点基準)を定めます。

    RFP作成/業者選定の効果を高めるポイント

    ウェブ戦略策定書から、どこまでの情報をRFPとして提示するか見極める

    RFPに盛り込むべき内容はプロジェクトによって変わります。RFPは細かく書けばよいというわけではありません。荒すぎるのは見積もり漏れや要件漏れが発生してしまい問題ですが、逆に細かすぎると候補外注業者のスキルを十分に見極められなくなってしまいます。
    どこまでを書くべきで、どこまでを書かずに控えておくべきかの見極めが重要です。


    ウェブ戦略策定書から、どこまでの情報をRFPとして提示するか見極める

    オリエンテーションやプレゼンの開催方法を練る

    RFPを作成した後、オリエンテーション(候補業者へのRFP説明会)を経て、プレゼンテーションを受けて評価をすることになりますが、オリエンテーションからプレゼンテーションまでの進め方も適正な評価に影響するため、プロジェクトに応じた作戦を練ることが望ましいです。
    オリエンテーションやプレゼンの開催方法を練る


    よくいただくご質問

    A

    大がかりなウェブサイト構築プロジェクトの場合、大半はコンペ形式で業者選定をおこないます。コンペ開催に際して、委託元(発注者)から外注業者(提案を依頼する候補業者)に対して出される、提案依頼内容をまとめたドキュメントのことを「RFP(提案依頼書)」といいます。

    A

    RFPを提示することなく、業者だけ集めて提案を依頼した場合、自分たちが何をしたいのかを正確に伝えることができません。提案者は御社についての情報不足のまま提案をすることになってしまいます。そのため候補業者が要件漏れのリスクを回避するため必要以上に金額を上乗せして見積もりを提示されたり、目的にそぐわない提案がされたりしてしまい、公正な業者の比較選定が難しくなります。 プロジェクトが進むにつれて本来の要件と実施内容の誤差が表面化し、結果としてプロジェクトの遅延や品質低下、追加費用請求が発生してしまうリスクがつきまといます。

    A

    1000万円を超えるような規模のプロジェクトであれば、必ず専門家が入ってRFPを策定することが望ましいです。 それよりも小規模で予算がない場合でも、社内のプロジェクトメンバーであらかじめ要求事項を文書化したうえで、業者へ提案を依頼することが理想です。

    関連サービス

    30分無料オンライン相談 受付中!ウェブ戦略の専門家が
    ご相談を承ります!

    無 料

    ウェブ戦略お役立ち資料

    企業のウェブ担当者必見の
    お役立ち情報が満載!

    ページの先頭へ