コンテンツ制作

    世界にひとつのオリジナリティあふれるコンテンツをつくる

    コンテンツ制作とは

    ウェブサイトにおいて、オリジナリティのあるコンテンツを用意することはとても重要度が高いです。

    戦略工程や設計工程にもとづき、関係各所への取材をおこなって具体的コンテンツ案を練り、撮影やライティング(文章執筆)によって質の高いウェブコンテンツ用素材を用意します。

    コンテンツ制作の手法詳細

    インタビュー取材
    取材・インタビュー各部署や現場への取材をおこない、設計工程で検討したした内容を具体的なコンテンツへ落とし込むうえで、訴求すべきポイントを整理します。

    撮影

    撮影あやとりが提携しているプロのフォトグラファーと連携して、ウェブコンテンツ用の写真撮影をおこないます。
    当社のウェブサイト設計のプロが必要な写真構成をリストアップし、当日の撮影進行の補助をおこなったうえで、撮影した写真からの選定も支援します。

    ライティング

    ライティングあやとりが提携しているプロのライターと連携して、ウェブコンテンツ用の原稿作成をおこないます。

    取材した内容に基づいてゼロから書き起こすやり方と、ご提供いただいた元原稿をリライトするやり方があります。

    素材管理
    素材管理原稿作成ガイドライン、素材管理表、原稿入力書式など用意するなど、プロジェクト主担当者の方が各部署に原稿準備を依頼しやすく、管理がしやすいように支援します。
    コンテンツの校正/編集
    コンテンツの校正/編集使用するページの設計方針や企画意図に基づき、提供された原稿の校正や編集をおこないます。

    コンテンツ制作の効果を高めるポイント

    カメラマンともサイトコンセプトを共有する

    取材や撮影にはプロカメラマンだけでなく、当社のウェブディレクターも参加します。
    カメラマンやライターとサイトコンセプトを共有したうえで、ウェブサイト掲載に必要なシーンやコンテンツのリストアップ、取材/撮影のスケジュール作成、当日の補助、撮影写真からの選定などを、ウェブ戦略を熟知した担当者が管理することで、コンセプトに沿った写真や原稿を準備します。
    ウェブディレクターも撮影に参加して、サイトコンセプトを共有

     


    被写体となるかたの笑顔を引き出す

    ウェブコンテンツ用の撮影の場合、撮られ慣れているプロモデルではなく、被写体となる経験をしたことがない現場社員がモデルになることも多いです。慣れないカメラを向けられると顔がこわばり、ぎごちない写真になってしまうということもよくあります。
    撮影をする際は、撮影技術だけでなく、被写体となる方の緊張を解きほぐし、普段のベストな笑顔を引き出します。
    被写体となるかたの笑顔を引き出す

     


    撮影した画像はデジタル補正処理し、さらに見栄えよく

    撮影した画像はそのまま納品するのではなく、明度や彩度の調整、余分なコラージュ加工(電線のカットなど)、しわの除去などのデジタル補正処理を加えることでさらに見栄えのする写真を納品します。

    (注)納品するすべての画像ではなく、重要な画像を厳選して処理をおこないます。
    撮影した画像はデジタル補正処理し、さらに見栄えよく

     


    ウェブ独特のライティングルールを意識する

    「ウェブライティング」といわれる、ウェブでの表現に最適化された文章作成の独特のお作法があります。
    論文や書籍はもとより、営業ツールで使用している紙媒体のライティング方法をそのままウェブサイトに置き換えて使ってしまうと、読みにくくなったり、訴求力最適化されない場合があります。
    ウェブ独特のライティングルールを意識する


    用語集を作る

    複数の担当者で手分けをして原稿を準備すると、ついつい各担当者の書き方の癖で使用する用語にばらつきが出てしまい、結果としてサイト全体を通しての一貫性が保たれなくなってしまいます。

    そのようなことを防ぐためには、あらかじめ会社として用語使用ルールを定め、用語集として整備をしておくと効果的です。
    用語集を作る


    関連サービス

    30分無料オンライン相談 受付中!ウェブ戦略の専門家が
    ご相談を承ります!

    無 料

    ウェブ戦略お役立ち資料

    企業のウェブ担当者必見の
    お役立ち情報が満載!

    ページの先頭へ