現状サイト分析

    自社を知る 競合を知る 顧客を知る

    おすすめ資料『戦略的ウェブ活用のエッセンス』 
    この資料をダウンロードする

    現状分析(サイト診断)とは

    サイトリニューアルをするにしても、現状サイトを継続的に改善するにしても、思いつきや慣習で作ってしまっては成果は上がりません。 分析もせずにサイトを作りなおす進め方は、「当てずっぽうでギャンブル」をするのと同じようなことです。 次のような視点で、改善すべき点を論理的に把握し、ウェブ戦略に落とし込むことで、より成功確率の高いウェブマーケティングの推進が可能になります。

    自社の視点 現在の自社サイトは利用者にどのように見られているのか?どこに課題があるのか?
    競合の視点

    「ネット上で」競合となる他社はどのような戦略でウェブマーケティングをおこなっているのか?そもそもどこが本当のライバルなのか?

    顧客(市場)の視点 顧客にはどのようなニーズがあるのか? 勝負をする市場は将来どのような変化をしていくのか


    現状分析(サイト診断)の手法

    ウェブサイト診断(自社サイトの専門家評価)
    ウェブサイト診断(自社サイトの専門家評価)160項目におよぶ当社独自の「ウェブサイト評価シート」を使い、専門家が精密に現状サイトを分析して改善点をレポートします。

    「ウェブサイト評価シート」は10年以上の歳月をかけて開発した、当社オリジナルです。グローバル企業サイトから中小企業サイトまで数百のサイト分析をしてきた実績と、「企業の中の人」を経験したことをいかし、企業ごとの実情に合わせたあるべき姿を導き出します。

    競合サイト比較分析

    競合サイト比較分析競合企業のウェブサイトと自社サイトとの比較分析をします。

    見込み顧客が競合他社との比較をすることを想定してウェブサイトを比較評価することで自社サイトの強み弱みを抽出し、「御社」を選んでもらうための勝負ポイントを打ち出しします。

    検索需要調査

    検索需要調査ネット上でどのような検索キーワードでどれくらいの量の検索があるのかを調査します。課題解決のためのどのような検索行動をしているか?から、どのような顧客のニーズや悩みがあるのか、またその市場規模を探ります。

    さらに、各キーワードで自社サイトが何位に表示されているかを調べることで、現状の集客力を把握することができます。

    現状分析(サイト診断)の効果を高めるポイント

    自社サイトで分析すべきことは「見た目」だけではない

    自社サイトで分析すべきことは、公開されているサイトを見ればわかることだけでは不十分です。安全かつ適切なウェブサイト運営ができているかどうかを確認するために、分析軸のひとつとして「運用体制」を設けています。

    たとえば、以下のような診断項目があります。

    • 各種原稿、書籍などからの引用、画像、動画を掲載する際、著作権の確認を取っているか?
    • ドメインやサーバーなどを管理するための契約情報(契約先、契約期間、ログイン ID など)は、自社で管理しているか?
    • 制作会社と業務委託契約を交わしているか?


    競合分析すべき対象は「リアルでの競合」だけでない

    リアルでの競合他社とネットでの競合他社が一致するとは限りません。
    • リアルでの競合他社:同じ地域、同じ業界の同業他社
    • ネットでの競合他社:御社の顧客となりうるユーザーが検索するであろう検索キーワー ドで上位に表示される会社(サイト)

    普段ぶつかることが多い競合他社にとらわれずに比較分析をおこなうことで、ウェブ戦略の見直しにつなげます。

    さらに、視野を広げ新たな気づきを得るためには、異業種のサイトとの比較も有効です。同業社のウェブサイトばかりに注目していると、似たようなサイトばかりができてしまいがちです。異業種のサイトも視野に入れて分析をすることで、同業他社との差別化をはかることができます。

    競合分析すべき対象は「リアルでの競合」にとらわれない


    本当に困っている人は一般名称や悩みキーワードで検索している

    見込み顧客は必ずしも自社の社名や商品名を知っているわけではありません。
    社名やブランド名ばかりで検索エンジンに上位表示していても、一般名称や悩みキーワードで検索順位が高くなければ、どんなによいコンテンツがあっても不十分です。
    特にBtoB企業ではニーズが細分化されており、情報収集をするときに使用する検索キーワードは多岐に渡ります。2,000種類を超えるキーワードの検索需要を調べることで、今まで意識していなかった新たな顧客層を発見することができます。。
    本当に困っている人は、一般名称や悩みキーワードで検索している


    30分無料オンライン相談 受付中!ウェブ戦略の専門家が
    ご相談を承ります!

    無 料

    ウェブ戦略お役立ち資料

    企業のウェブ担当者必見の
    お役立ち情報が満載!

    ページの先頭へ