印刷範囲
全体プリント
本文プリント

タグ別アーカイブ: 顧客視点

顧客を「わかる」ための頭の使い方

前回のコラムでは、このシリーズの初回として、事業をつくっていく際に遭遇する不確実性との付き合い方を取り上げました。 事業をつくっていく際には …

関連リンクを積極的に活用しよう

サイト内の回遊が少ない… 自社サイトのアクセス解析をしているのですが、「直帰」が多く、サイト内の回遊が減っているようです。サイトを訪れた …

ページタイトルのきめかた

ウェブページのタイトルって、どうつければいいのだろう… 新規ページを作成するとき、そのページにどんなタイトルを付けたらよいか悩むことがあ …

企業ウェブ担当者にとっての「UX」

ウェブ担当になって「UX」って言葉は耳にするけど… ウェブ担当の部署に配属されて3ヶ月が経ちました。まだまだ、覚えることがあり本やネット …

テクノロジーやデータを顧客の生活と結び付けて考えてみよう

テクノロジーとどのようにつき合うべきでしょうか? 当社は、ウェブを活用するためウェブ解析やマルチデバイスにサイトをリニューアルするなど、先進 …

「顧客視点」という言葉

ウェブサイトの設計やデザインについて議論をしているとき、「もっと顧客視点に立たないと。」「このコンテンツは顧客視点ではないね。」といった話を (特に批判的な文脈の中で) よく耳にします。この「顧客視点」という言葉に潜む問題と、解決策をご紹介します。

「ストーリー」を顧客と共有する

新製品や新サービスのプロモーション動画を、TVCM ではなく Web 経由 (主に YouTube) で発信する企業が増えています。動画を通じて「ストーリー」をユーザー (顧客) と共有してみませんか?

「VOC」をうまくいかしていますか?

VOC (Voice of Customer) を、ウェブサイトの運営にいかしましょう。さまざまなチャンネルを通じて得られた「顧客の声」の情報をもとに、顧客の想いや言葉を紡ぎだし、コンテンツとして昇華させることによって、サイトの集客力およびユーザーエクスペリエンス (UX) の向上につながることが期待できます。

年末年始休暇の過ごしかた

企業の ウェブ担当者であるみなさんが年末年始休暇に帰省されると、ご実家の「パソコンサポート」役を頼まれてしまう、ということはありませんか?色々な発見があって、ご自身の仕事 (ウェブサイト) を振り返るよい機会になるので、楽しみながら取り組んでみましょう。

リンクの言葉 (「こちら」は使うべからず)

リンクで誘導する際に注意すべきことは? 日々、ウェブサイトを更新する中で、コンテンツの中にリンクを設けるということがあります。普段、特に気に …

消えた!?問い合わせメール

なにやらミステリアスなタイトルですが、「今どきこんなことがあるのだろうか?」とビックリしたことがあったので、ケーススタディとして、書いてみよ …

どんなとき、顧客はその情報を欲するのだろう?

ウェブサイトを設計する過程では何に気を遣うべきか? 「ユーザー」や「ゴール (目的)」を明確にしよう、という話を聞くことが多いですが、具体的 …

余計な情報を取ってユーザーを戸惑わせていませんか?

個人的な経験ですが、こんなことがありました。 地元に新しくできた美容院が気になって、その美容院のウェブサイトにアクセスして、色々と見ていたと …

コンテンツは王様?(Content is King)

そもそも何故、コンテンツが重要とされるのでしょうか? サイトの更新度合いでSEOの評価が変わるって聞きましたが、そもそも何故、コンテンツが重 …

情報の「塊 (かたまり)」を意識する

情報設計を考える際に、意識すべきポイントを教えてください 当社はサイトリニューアルを計画しております。リニューアル際に、情報設計の観点から既 …

成功するウェブチームとは?

Adaptive Path (米国の有名な Web コンサル会社) の創設者の一人、Jesse James Garette 氏が 2003年に提唱した「The Nine Pillars of Successful Web Teams」から、成功するウェブチームの条件について考えます。

「声の大きい人」に注意

ウェブサイトのデザインやコンテンツについて議論する際、「声の大きい人」に引きずられてしまうことはありませんか?そういう場合は大抵、「ウェブサイトを使うのは誰なのか」という合意形成がきちんとなされていないことが多いのです。

「ユーザビリティ」ってなに?

ウェブサイトにかかわる仕事をしていると、「ユーザビリティ」という言葉を度々目にします。ユーザビリティとは何かを、少し客観的な目線に立って考えてみましょう。

ウェブサイトはファーストビューが命

ユーザーはホームページにアクセスしてきた際に、数秒でそのサイトを判断し、興味をひくものがなければすぐに離れてしまいます。 その為、ファーストビューでいかにページの要点を伝えるかが、サイトのデザイン・レイアウトにおいて重要な要素となります。

30分無料オンライン相談 受付中!ウェブ戦略の専門家が
ご相談を承ります!

無 料

ウェブ戦略お役立ち資料

企業のウェブ担当者必見の
お役立ち情報が満載!

ページの先頭へ