コーポレートサイト構築プラン

Page Index :

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    会社の未来を移す鏡

    このような方におすすめのプランです

    具体的には・・・
    • 経営理念や経営計画に基づき、さまざまなステークホルダーの期待に応えるウェブサイトにしたい
    • お客さまはもちろん、就職を考えてるかた、外注業者、地域住民など、さまざまな立場の人からの信頼感を高めたい
    • 社員の愛社精神向上やモチベーション向上を図りたい

    コーポレートサイト構築プランの概要

    さまざまなステークホルダーの期待に応える

    コーポレートサイトとは、御社の企業理念や会社概要などの企業案内を掲載するためのウェブサイトです。

    会社概要や所在地、沿革、プレスリリース、企業理念、品質管理体制、環境への取り組み、お客さま満足への取り組み、サポート体制、採用活動、全体業績などを掲載します。
    名刺交換をしたとき「この人は信頼できそうだ」「このロゴ見たことがある」「○○に積極的に取り組んでいる会社だ」などの好印象を与えられれば、その後の顧客関係構築がスムーズに進みます。そんな会社の印象を作るのが「コーポレートサイト」の役割です。
    コーポレートサイトは、そのほかのウェブサイトに比べて、想定読者(ステークホルダー)の幅が広いことも特徴のひとつです。

    中小企業の場合には、営業支援サイトや製品情報サイト、採用サイトの役割も兼ねる場合もあります。上場企業の場合は、IR情報を掲載することが求められています。
    あやとりでは、経営理念や経営計画に基づき、さまざまなステークホルダーの期待に応えるコーポレートサイトを構築します。

    コーポレートサイト構築プランでおこなう主な内容


    中期経営計画などの読み合わせ
    中期経営計画などの読み合わせ経営計画書、事業計画書、営業計画書、IR資料などをプロジェクトメンバーとともに読みこみ、ウェブ戦略(ウェブサイトの中期計画)を練るうえで考慮すべき点を整理します。

    コンセプトワーク
    ワークショップ当社オリジナルのワークシートを利用して、プロジェクトメンバーでのディスカッションを繰り返し、ウェブサイトのあり方を練ります。
    議論する内容は、下記を含め多岐に渡ります。
    • 事業目的の再確認(私たちの事業はなにか?)
    • ビジョンアプローチ(2年後、3年後にどのような会社にしていたいのか?どのような働き方をしたいのか?)
    • プロジェクト推進方針(誰が、いつまでに、何をするのか?)
    • 目標設定(何をもって成功とみなすのか?)
    • 顧客の定義(私たちの顧客は誰か?)
    • サイト設計方針(情報設計やデザイン制作に向けての基本方針)
    • 運営体制(PDCAを円滑に回すための更新運用体制や効果検証方針)

    画面設計(レイアウト設計)
    画面設計(レイアウト設計)コーポレートサイトの利用者は、多岐に渡ります。立場や目的によって知りたい情報も異なることも意識して、あらゆる立場の人を、知りたい情報に的確に導く必要があります。
    ウェブサイト訪問者がページ遷移を重ねる中で的確に情報を取得を経てゴールに導けるよう、ユーザー行動を意識した画面レイアウト設計をおこないます。
    CMSなどのシステム導入を伴う場合は、画面設計に際して、導入するシステムの仕様への理解も必要です。

    サイト間導線設計(メディア連携方針策定)
    メディア連携方針策定顧客とのコミュニケーション接点となっている媒体を整理し、メディア間の連携を意識しながら、それぞれの役割を定義します。

    特に、コーポレートサイトのほかに、営業支援サイトや製品情報サイト、顧客サポートサイト、採用サイトなどのウェブサイトを別で運営している場合、顧客はそれらのサイトとコーポレートサイトを行き来することが多いです。

    そのため、コーポレートサイトと他の運営サイトとのサイト間導線を綿密に設計します。

    CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)の導入
    高機能商用CMS導入ニュースリリースなどの更新を効率よく、正確に掲載できるように、更新システムを導入します。
    IR情報を含まない非上場企業のウェブサイトの場合は、WordPress(あやとりWP)を用いた構築も可能です。
    IR情報を含む上場企業のウェブサイトの場合は、ディスクロージャーポリシーに準拠した管理運用体制を整備する必要があるため、高機能商用CMSの導入をおすすめしています。


    企業のイメージや信頼性はコーポレートサイトの質で決まる

    コーポレートサイトは、お客さまはもちろん、就職を考えてるかた、外注業者、地域住民など、さまざまな立場の人が見にきます。株式の購入を検討してい場合、金融機関が融資判断をする場合や、官公庁の業者選定時などでも確実に見られています。
    社員や社員の家族も閲覧するため、愛社精神向上やモチベーション向上のための役割も担うことができます。

    実施方法や価格帯、スケジュール

    実施方法と価格帯

    名称 実施方法 主な価格帯 工期の目安
    コーポレートサイト構築プラン
    (あやとりWPを使用)
    WordPressの基本機能をそのまま使うのではなく、BtoB企業の商用ウェブサイト構築向けに機能強化や拡張を施した、当社オリジナルカスタマイズ版のWordPressを用いて、リニューアル構築します。
    非上場企業のコーポレートサイトに限り、ご提供しています。

    ⇒WordPress(あやとりWP)導入の詳細はこちら
    初期構築費用
    800万円~

    月額支援費用
    20万円~
    4ヶ月~10ヶ月
    コーポレートサイト構築プラン
    (高機能商用CMSを使用)
    上場企業としてIR情報も含むコーポレートサイトの場合は、高機能商用CMSを用いてリニューアル構築します。
    ディクロージャ―ポリシーに則ったIR情報のタイマー公開をおこなったり、IRカテゴリへの編集機能へのアクセス権限を特定の管理IDを持った更新担当者のみに制限することもできるため、こちらがおすすめです。

    ⇒高機能商用CMS導入の詳細はこちら
    初期構築費用
    3,000万円~

    月額支援費用
    50万円~
    6ヶ月~12ヶ月

    備考

    • 上記の月額費用にはシステム保守費用のほかに、サイト運営支援費用が含まれます。
    • 価格帯やスケジュールは目安です。対象サイトの規模や特殊性、難易度、作業内容などによって変動します。
      詳しくは個別にお見積もり、ご提案しますのでお問い合わせフォームよりご依頼ください。

    実施スケジュールの例

    コーポレートサイト構築プランの流れ

    コーポレートサイト構築プランで用いるウェブ戦略手法

    下記は本プランで用いることが多いウェブ戦略手法です。ご事情に応じて、組み替えてご提案します。


    コーポレートサイト構築における当社の強み

    あやとりでは、戦略的ウェブサイト構築を通じて(題材として)イキイキとした組織をつくることを使命と考えています。
    そのため、ウェブサイトは「あくまでもツールのひとつ」と位置付け、「組織そのもの」に目を向けて、ウェブサイトのあり方を考えています。
    コーポレートサイトにおいては、特に企業としての理念やビジョンを映し出すことが大切になるため、この視点が特に意味を持ちます。

    戦略的コーポレートサイト構築のプロセスを通して自社を見なおすことで、組織としての「よいところ」「強み」を見つけたり、社員が経営戦略や事業計画に対する理解を深めたりすることにも貢献できます。
    逆に、戦略的コーポレートサイト構築のプロジェクトを通して経営戦略のブラッシュアップすることにもつながります。


    支援事例

    asahidenso-matsuyama
    朝日電装様【製造業/自動車関連】

    戦略的ウェブ活用で提案型企業へ脱皮

    典型的な受注型企業だったため、得意とする技術や製品をもっと積極的に発信できるような、提案型企業へ脱皮したいと考えていたところ、セミナーであやとりさんの戦略的ウェブサイト手法のことを知りました。この手法でサイトを構築すれば、自社サイトが単なる企業紹介サイトから優秀な営業マンに変身できると考え、プロジェクトをスタートしました・・・
    この事例の続きを読む


    よくいただくご質問


     

    ウェブ戦略の専門家がご相談を承ります。お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。
    BtoB企業ウェブ担当者必見のお役立ち情報が満載のウェブ戦略ノウハウ資料が無料でダウンロードできます。

    東京~大阪までご支援可能です。まずはお問い合わせフォームよりご相談ください。お問い合わせの前に初めてのかたへをご覧ください。

    BtoB企業の戦略的ウェブサイト活用セミナー 属人営業/感覚営業から脱却するためのウェブ活用術! 2017年7月27日(木)@品川
    ウェブマネジメント講座 対面研修2日コース 2017年10月5日(木)、6日(金)@東京
    ページの先頭へ