営業時間 9:30〜17:30(平日)
サイト内検索
- 文字サイズ +

関東経済産業局をチェック!

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経済産業庁のなかで、静岡・浜松地域への支援策を担当している部局が関東経済産業局です。 (関東経済産業局はさいたま市の大宮駅前にあるさいたま副都心に事務所を構えていますので、助成金や補助金の説明会を聞きに行く場合、東京を通り越して大宮まで行くことになります。なんだかとても違和感のある地域分けなのですが・・・)

具体的には経済産業省の予算で地域振興策として市町村事業を行っております。 したがって、地方自治体の地域振興事業の助成金・補助金の活用を検討している場合は、関東経済産業局の取り組んでいる内容をチェックすることも重要になります。

中小企業経営者には政治や政策に無関心な人も多いですが、政策の方向性と合致しているかどうかで市場の命運が決まるものも多いわけです。たとえばecoポイントの件、政策として大きな予算が計上され、多くの電気関連事業は潤ったわけです。どこでどんな事業がどのタイミングで施行されるか、そのタイミングで対応できる力が充分あるかどうかで、商機を逃すことなくビジネスを行うことができるわけです。

直接、自分たちの企業が助成金や委託事業、補助金を獲得するしないに係わらず、どういった政策事業が行われているか、助成金や委託事業、補助金を受けて活動している企業はどんなところかを知ることは、今後のビジネスに大きな影響を与えることでしょう。入札結果を見れば、大手企業が名を連ねていることに気づくでしょう。

助成金や委託事業、補助金は広く門戸が開かれ、公平に機会が与えられるようにはなっています。ただ、実際高度の与件に関しては、あらかじめある程度ひもつきになっている(入札者が想定されている)場合もありますが、いずれにしろ、随時政策を鑑みて、方向性を知ることは重要なことになります。

浜松はおもしろいところで、NTTの管轄はNTT西日本なのですが、経済産業省の管轄は関東経済産業局になります。 官公庁の管轄もいろいろで、国土交通省は中部地方整備局管轄になります。ですので、お役所に御用がある場合、省庁によって名古屋に行ったり、さいたま市に行くことになるわけです。

先回、助成金の話を書きましたが、どうやって情報を入手するかは一昔前に比べたら一段と便利になりました。官報に公告されますので、以前は官報を定期購読するか、当該部署へ出向いて掲示板を見るか、電話をするかが主な入手手段でした。

現在は、各省庁が立派なウェブサイトを持っており、メルマガ配信、RSS配信によってすぐに入手できるようになりました。

国民が納税をして行われる事業ですから、広く公平に情報が発信されていますのに、知らない人が多いのが現状です。ましてや、経済産業庁の当地域への支援策が関東経済産業局の担当だなんて、知っている人は自治体の政策担当者か余程の士業の方になります。

関東経済産業局はさいたま市の大宮駅前にあるさいたま副都心に事務所を構えていますので、助成金や補助金の説明会を聞きに行く場合、東京を通り越して大宮まで行くことになります。なんだかとても違和感のある地域分けなのですが・・・

この7月に関東経済産業局のウェブサイトはリニューアルされ、たいへん見やすくなりました。過去の募集事業や入札結果についても閲覧しやすくなりました。

なぜ、このタイミングでこの話をするかと言いますと、たいていの事業の募集開始が年が明けて2月からスタートするのです。年2回募集があるものは秋募集もあるのですが、大きなものはたいてい2月から3月にかけて説明会、募集があります。

事業の傾向や応募可能かどうかできるかどうか見極めるにはこの年末年始が最適です 。事業によっては自治体や大企業が応募するものもあり、それが私たちの活動に影響が出てくるのが夏ごろになります。具体的には経済産業省の予算で地域振興策として市町村が行う事業が具体的に見え始めるのが夏過ぎになったりするわけです。

中小企業経営者のほとんどは政治や政策に無関心な人が多いわけですが、政策の方向性と合致しているかどうかで市場の命運が決まるものも多いわけです。たとえば今回のecoポイントの件、政策として大きな予算が計上され、多くの電気関連事業は潤ったわけです。どこでどんな事業がどのタイミングで施行されるか、そのタイミングで対応できる力が充分あるかどうかで、商機を逃すことなくビジネスを行うことができるわけです。

直接、自分たちの企業が助成金や委託事業、補助金を獲得するしないに係わらず、どういった政策事業が行われているか、助成金や委託事業、補助金を受けて活動している企業はどんなところかを知ることは、今後のビジネスに大きな影響を与えることでしょう。入札結果を見れば、大手企業が名を連ねていることに気づくでしょう。

助成金や委託事業、補助金は広く門戸が開かれ、公平に機会が与えられるようにはなっています。ただ、実際高度の与件に関しては、あらかじめある程度ひもつきになっている(入札者が想定されている)場合もありますが、いずれにしろ、随時政策を鑑みて、方向性を知ることは重要なことになります。

ウェブ戦略の専門家がご相談を承ります。お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。
BtoB企業ウェブ担当者必見のお役立ち情報が満載のウェブ戦略ノウハウ資料が無料でダウンロードできます。

東京~大阪までご支援可能です。まずはフォームよりお問い合わせください。

BtoB企業のウェブ担当者必見!!売上アップに貢献するウェブ解析の活用方法
seminar-banner20170119

【無料】BtoB企業ウェブ担当者必見のノウハウ資料ダウンロード

戦略的ウェブ活用のエッセンス/事業戦略と同期した戦略的ウェブ活用のノウハウをギュッと凝縮!
失敗しないための戦略的ウェブサイト構築手順/リニューアルを成功させる秘訣は「作り始める前にやるべきこと」にある
ウェブマネージャーが身に着けておくべき7つのスキル/企業のウェブ担当者に求められる7つのマネジメントスキルとは?
セールスとマーケティングをつなぐウェブ解析/営業部門との連携を図り、営業員が活躍しやすいように後方支援をする
ページの先頭へ