印刷範囲
全体プリント
本文プリント

ウェブ戦略とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブ戦略手法

ウェブ戦略マーケティングとは、
顧客との関係を築いて発展させること

戦略的ウェブサイト構築集団あやとりでは、どのようなウェブサイトを作るか?ではなく、どのように事業収益に貢献させるかという視点で、ウェブ戦略を練りウェブサイトのあるべき姿を描きます。

「事業計画同期型ウェブ戦略」というアプローチ方法で、価値ある顧客体験を創造し、顧客ニーズにを満たす企業戦略を実行ためのマーケティング&マネジメント活動を実現します。


ウェブ戦略が企業のマーケティングに欠かせなくなった理由とは?

事業計画同期型ウェブ戦略

顧客ニーズに合った価値を提示できなければモノが売れない時代へ

作れば売れるというプロダクトアウトの時代は終わり、顧客(市場)のニーズに合った価値を提示できなければモノが売れないマーケットインの時代へと変わりました。もはや、我流の楽天主義では通用しません。製品やサービスがお客さまから「悩みやニーズを満たすもの」として顧客視点で情報提供されていなければ、激しい競争の中で御社を選んでもらうことはできません。

顧客ニーズに訴求するためには事業計画と同期したウェブ戦略が必要

お客さまに選ばれる会社(商品)になるためには、お客さまは誰なのか?(何を求めているのか?)と自社が提供している価値は何か?(強みは?)を整理し、マッチングをはかることが大切です。このプロセスはまさしく「事業計画」と同じです。事業計画と同期せずにただきれいに作ったウェブサイトでは市場ニーズに訴求した情報提供や集客は望めません。
事業計画に基づく予算、事業戦略、運営人員のスキル、市場動向などさまざまな条件を鑑み、事業戦略ベースから噛み砕いてウェブサイトのあるべき姿をかたちにする、あやとり独自のウェブ戦略メソッドで、戦略的ウェブサイト構築を支援します。

もっと詳しく
ウェブ戦略の専門家がご相談を承ります。お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。
BtoB企業ウェブ担当者必見のお役立ち情報が満載のウェブ戦略ノウハウ資料が無料でダウンロードできます。

東京~大阪までご支援可能です。まずはお問い合わせフォームよりご相談ください。お問い合わせの前に初めてのかたへをご覧ください。

ページの先頭へ