営業時間 9:30〜17:30(平日)
サイト内検索
- 文字サイズ +

KPI設定(数値計画と目標管理)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
KPI設定(数値計画と目標管理)
何をもって成功とみなすか?

Webマーケティングの達成目標や途中経過目標(数字計画)を策定します。

何をもって成功とみなすか?を定義することで、日々のサイト運営でとるべき施策の方向性と成否の判断ができ、PDCA改善を効果的に推し進めることができます。

KPIとは

KPIとはKey Performance Indicatorの略で日本語にすると「重要業績評価指標」といいます。

ウェブサイト運営においてもKPIを定めることは非常に重要で、仮説に基づき、実績を定点計測することで、目標達成に向けた組織の状況を把握できるようになります。目標値からギャップが生じた場合には、組織行動が当初想定の方向に向かっていないことを意味し、活動の修正が必要であることがわかります。

組織の活動を客観視するための指標(目標値)として定める

売上金額、経費、利益率というような会社全体の財務指標をKPIにすることはもちろんできますし、適切なことです。しかし、それだけでなく、例えば、問い合わせ件数や、問い合わせから受注した比率など、特に会社として改善をはかりたい(伸ばしていきたい)数値をKPIとすることも適切なことです。

不適切なKPIを設定すると、組織は狂います。目指すべきでない方向に会社が向かってしまうか、だれもKPIに関心を示さなくなって目標管理ができなくなるかです。いずれも企業としては大変に危険な状態です。トップ(経営者)はそのようなKPIを設定していないか常に配慮しなければなりません。

目標達成に向けた活動の状況を把握できる

KPI設定の特長

業態に応じて適切なKPIを設定

Web運営において基本となる目標達成のための指標は
「訪問数」×「問い合わせ率」×「商談率」× 「成約率」=成約件数です。
これに「平均単価」を掛けると Web経由顧客によってもたらされた売上金額になります。
これに加え、業態に応じて適切なKPIを定めることで、目標管理から改善活動につなげるために具体的にどのような対策をすればよいかを導き出します。
業態に応じて適切なKPIを設定

KPIに基づく改善プロセス

KPIに基づくサイト運用をおこなうことで、目標設定⇒集計分析⇒改善方針決定⇒施策実行⇒効果検証・・・が円滑に回るようになります。定期診断レポートプランをご契約いただいたお客様には、以下の流れでPDCA改善の進行を支援します。
  1. 前月の実行内容を月末に貴社Web担当者様からあやとりへ報告いただきます。ご報告いただいた内容をもとに当社で集計分析し、改善レポートを作成します。
  2. 月次定例会にて未達項目、要改善項目についての改善策を話し合います。貴社で方針を決定していただきます。
  3. 決定した方針に則って、貴社Web担当者様が改善策を実行します。(必要に応じて制作も支援いたします)
改善プロセス

実施方法、納品物、納期の目安

名称 納品物 納期の目安
KPI設定
Webサイトの達成目標や途中経過目標の数字計画を策定します。
KPI設定シート 2週間~1か月

※KPI設定と合わせて「CAPD改善(定期的な分析改善)」をご導入いただくと効果的です。
※納期は目安です。対象サイトの規模や特殊性、難易度等によって変動いたします。

KPI設定に関連する導入プラン

KPI設定を導入したお客様の声

よくいただくご質問

A

よくある検証指標としては、サイトへの訪問数、直帰率、平均ページビュー、サイト滞在時間、コンバージョン率、商談率、受注率、平均受注単価などが挙げられます。 ただし、何を検証指標とするかは、事業の業態やWebサイトの役割によって変わります。 Web戦略立案の中でWebサイトの達成目標を定めたうえで、貴社にとって何を検証指標をすべきかを定義します。

A

KPIは一度数値を決めたら、変えてはいけないということではありません。検証を繰り返しながら実効性のあるKPIに最適化していきます。そのため今までの数字実績がすべて調べられない場合は、仮でKPIを定めてPDCAを実行したうえで、数か月後に得られたデータをもとにKPIを調整します。 大事なことは、厳密で細かなKPIを定めることではなく、KPIに基づいて改善活動を繰り返すという習慣を身に着けることです。

A

季節指数やその他の条件に基づいて月ごとの目標値を細かく設定できると望ましいですが、そこまで細かな設定が難しい場合は、毎月同じ数値目標でも構いません。大事なことは数値目標の細かさよりも、多少おおざっぱでも良いので数値目標を定めて効果検証をおこなう習慣をつけることです。

もはや、我流の楽天主義では通用しない

Webマーケティングは国際試合の時代です。もはや、我流の楽天主義では通用しません。 成功している企業のWeb運用は地道な改善活動のたまものです。戦略的Web活用やるべきことに終わりはありません。 やみくもで思いつきのWeb制作を繰り返すのではなく、明確な目標管理のもとで確実なステップアップをしましょう。

ウェブ戦略の専門家がご相談を承ります。お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。
BtoB企業ウェブ担当者必見のお役立ち情報が満載のウェブ戦略ノウハウ資料が無料でダウンロードできます。

東京~大阪までご支援可能です。まずはフォームよりお問い合わせください。

BtoB企業のウェブ担当者必見!!売上アップに貢献するウェブ解析の活用方法
seminar-banner20170119

【無料】BtoB企業ウェブ担当者必見のノウハウ資料ダウンロード

戦略的ウェブ活用のエッセンス/事業戦略と同期した戦略的ウェブ活用のノウハウをギュッと凝縮!
失敗しないための戦略的ウェブサイト構築手順/リニューアルを成功させる秘訣は「作り始める前にやるべきこと」にある
ウェブマネージャーが身に着けておくべき7つのスキル/企業のウェブ担当者に求められる7つのマネジメントスキルとは?
セールスとマーケティングをつなぐウェブ解析/営業部門との連携を図り、営業員が活躍しやすいように後方支援をする
タグ :
ページの先頭へ