営業時間 9:30〜17:30(平日)
サイト内検索
- 文字サイズ +

素材管理・Webコンテンツ校正

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
素材管理・校正
顧客の知識レベルに配慮し、
価値が伝わるコンテンツを作る

Webサイト構築プロジェクトの中で、社内担当者に最も負荷がかかる工程が原稿や写真といった掲載素材の準備です。
顧客の知識レベルに配慮し、価値が伝わる素材作りのためのアドバイスや校正をおこないます。Web独特のライティング方法や写真等の著作権に関する管理も注意が必要です。

素材管理・校正のポイント

ガイドラインや入力フォーマットで原稿管理を支援

大きなサイトになるほど、貴社のプロジェクト主担当の方は、社内での役割分担を指揮して原稿や写真などの素材の手配や管理業務の負荷が高くなります。

原稿作成ガイドライン、素材管理シートや、入力フォーマットを用意するなど、貴社のプロジェクト主担当者の方が各部署に原稿準備を依頼しやすく、管理がしやすいように支援します。
ガイドラインや入力フォーマットで原稿管理を支援

Web独特のライティングルールに基づく校正

Webサイトには「Webライティング」といわれる(Webでの表現に最適化された文章作成のお作法)独特のライティング手法があります。

論文や書籍はもとより、営業ツールで使用している紙媒体のライティング方法をそのままWebに置き換えてしまうと、読みにくくなったり、ユーザーへの訴求力が最大化しない場合があります。

Web独特のライティングルールに基づいて、お客様からご提供いただいた原稿を校正いたします。
Web独特のライティングルールに基づく校正

著作権違反によるトラブルを予防

Webサイトに掲載するコンテンツを準備する際には、使用する素材に著作権違反がないように慎重に管理することが大切です。著作権違反が判明してトラブルになると高額な賠償請求を受けてしまうリスクもあります。

Web運営に普段は関わらない社員、スタッフにも原稿準備や写真準備に協力を依頼する場合は、特に注意が必要です。

著作権に関する注意事項をまとめ、ガイドすることで著作権に関するトラブルなくWebコンテンツの準備ができるように支援します。
著作権違反によるトラブルを予防

実施方法、納品物、納期の目安

名称納品物納期の目安
素材管理校正
設計したサイト構成に基づき、素材準備管理シートや原稿入力フォーマットを作成して、素材準備を支援します。
また、作成された原稿について校正しWeb向けの文章に最適化します。
素材管理シート(EXCEL)
原稿入力フォーマット(EXCELまたはWord)
校正シート(EXCELまたはWord)
ページ数による

※納期は目安です。対象サイトの規模や特殊性、難易度等によって変動いたします。

素材管理・校正に関連する導入プラン

素材管理・校正を導入したお客様の声

よくいただくご質問

A

運営スキルアッププラン」でWebサイト運用における著作権管理についての基礎講座をおこなうことも可能です。
現行や写真を準備してからチェックをおこなうこともできますが、事前に注意点を理解したうえで準備を進めていただいた方が効率的です。原稿や写真を準備する前に、研修をおこなうこともぜひご検討ください。

想定顧客が理解できる表現であることが大事

いくらきれいなデザインのWebサイトでも、コンテンツが充実していなければ価値はありません。そして、いくら有益コンテンツが充実していたとしても、読んで理解してもらえなければ意味がありません。
自分たちにしかわからない専門用語で、飽きてしまうほど膨大な文章を載せたサイトはただの自己満足になってしまいます。
想定顧客に深く読みたくなるような工夫やユーザーが理解できる表現でコンテンツを掲載することが大事です。

ウェブ戦略の専門家がご相談を承ります。お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。
BtoB企業ウェブ担当者必見のお役立ち情報が満載のウェブ戦略ノウハウ資料が無料でダウンロードできます。

東京~大阪までご支援可能です。まずはフォームよりお問い合わせください。

BtoB企業のウェブ担当者必見!!売上アップに貢献するウェブ解析の活用方法
seminar-banner20170119

【無料】BtoB企業ウェブ担当者必見のノウハウ資料ダウンロード

戦略的ウェブ活用のエッセンス/事業戦略と同期した戦略的ウェブ活用のノウハウをギュッと凝縮!
失敗しないための戦略的ウェブサイト構築手順/リニューアルを成功させる秘訣は「作り始める前にやるべきこと」にある
ウェブマネージャーが身に着けておくべき7つのスキル/企業のウェブ担当者に求められる7つのマネジメントスキルとは?
セールスとマーケティングをつなぐウェブ解析/営業部門との連携を図り、営業員が活躍しやすいように後方支援をする
ページの先頭へ