営業時間 9:30〜17:30(平日)
サイト内検索
- 文字サイズ +

ユーザーテスト(ユーザビリティテスト)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ユーザー評価
利用者の「リアルなの行動」を知る

アメリカでの研究によると、5人にユーザー調査をすることでサイトの設計上の課題のうち80%を発見することができると報告されています。運営者の思い込みではなく、実際の利用者のサイト利用の実態を知ることで、目から鱗が落ちる気づきを発見できます。

ユーザー評価の特長

オンライン化により低価格で実施可能

ユーザビリティテストは一般的には300万~1000万円近くかかり、高額な投資になって敷居が高いサイト分析手法になってしまいがちですが、オンライン化したことで低価格でユーザー評価が実施できるようになりました。
オンライン化により低価格で実施可能

実施方法、納品物、納期の目安

名称納品物納期の目安
オンライン型ユーザー評価
モニターユーザーを対象にオンラインでユーザビリティテストをおこないます。
テストの様子動画
発話内容文字起こし
課題まとめ
2週間~1か月

※納期は目安です。対象サイトの規模や特殊性、難易度等によって変動いたします。

ユーザー評価に関連する導入プラン

よくいただくご質問

A

5人~10人が望ましいです。上述の通り、5人のユーザー評価によって80%のサイト課題が発見できるといわれています。

A

モニターユーザーに「タスク」というお題を提示して、その目的達成のためにサイトを利用してもらいます。たとえば、靴屋のサイトであれば、「あなたは、通勤用の靴がすり減ってきたので、ネットで購入することにしました。検索エンジンで探したところ、●●というサイトを見つけました。●●で通勤用の靴を買うつもりになって選んでみてください。」といったものです。
サイトを利用している様子の動画や発話内容を記録しておき、どこで迷い、行動が止まってしまうのかなどの課題を抽出します。

A

はい、可能です。(オプション料金がかかります)

「思い入れ」や「思い込み」を除去しましょう

毎日のように自社サイトを企画していると、「きっとお客さんはこうやってサイトを使うはず(使ってほしい)」などと思い入れや思い込みが強くなり、客観的な評価ができなくなりがちです。

そのようなときこそ、ユーザーのリアルな行動に基づいて、どのようなサイトにすべきかを見直すことが大事です。

ウェブ戦略の専門家がご相談を承ります。お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。
BtoB企業ウェブ担当者必見のお役立ち情報が満載のウェブ戦略ノウハウ資料が無料でダウンロードできます。

東京~大阪までご支援可能です。まずはフォームよりお問い合わせください。

BtoB企業のウェブ担当者必見!!売上アップに貢献するウェブ解析の活用方法
seminar-banner20170119

【無料】BtoB企業ウェブ担当者必見のノウハウ資料ダウンロード

戦略的ウェブ活用のエッセンス/事業戦略と同期した戦略的ウェブ活用のノウハウをギュッと凝縮!
失敗しないための戦略的ウェブサイト構築手順/リニューアルを成功させる秘訣は「作り始める前にやるべきこと」にある
ウェブマネージャーが身に着けておくべき7つのスキル/企業のウェブ担当者に求められる7つのマネジメントスキルとは?
セールスとマーケティングをつなぐウェブ解析/営業部門との連携を図り、営業員が活躍しやすいように後方支援をする
ページの先頭へ