印刷範囲
全体プリント
本文プリント

ウェブ戦略策定&RFP作成支援プラン

Page Index :

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    事業戦略に基づきウェブサイトのあるべき姿を描く

    このような方におすすめのプランです

    具体的には・・・
    • サイトリニューアルを予定しているが、どのようなサイトにすべきかはっきりしていない
    • ウェブサイトのあるべき姿を具体化したい
    • ウェブ戦略策定書をもとに、適切な開発業者を選定したい

    ウェブ戦略策定&RFP作成支援プランの概要

    運用者目線でのウェブ戦略策定からRFP作成までを支援

    大規模なサイトリニューアルの場合、4月に準備開始(プロジェクト計画やウェブ戦略立案など)、7月にRFP完成、8月に業者選定、9月に契約、下期にプロジェクトスタートといったスケジュールで進むのが一般的です。あるいは、前年度下期に業者選定/契約までおこない、4月にプロジェクトスタートという場合も多いです。

    ここで注意が必要なのは他社も同様という点です。日本企業の多くは4月が新年度の始まりです。どこの企業のリニューアルプロジェクトも同じようなスケジュールで進んでいます。

    しかし、優れたデザイナーや優秀なエンジニアは、早く契約が結ばれたプロジェクト順に割り当てられていきます。コンペなどをして少しでもよい業者、よい人材を確保したいとお考えならば、単にRFPを用意するだけでなくスピード感も不可欠です。
    また、事業戦略にのっとった優れたRFPを作成するためには、RFP文書を作成する前工程として、プロジェクト体制の整備、現状分析、ウェブ戦略立案などに取り組むことが欠かせません。

    あやとりでは、企業のウェブ担当部門に寄り添って、運用者目線でのウェブ戦略策定からRFP作成までを支援します。


    ウェブ戦略策定&RFP作成支援でおこなう主な内容

    プロジェクト推進体制整備

    プロジェクト推進体制整備どのような部署から、どのような人物を選定するかによって、作られるウェブサイトの結果は変わってきます。リニューアルプロジェクトを進めるにあたって、かかわるメンバーの選定と役割定義を支援します。
    また、情報共有すべき対象部門の整理や、同時期に進行している別プロジェクト(製品カタログ改定や基幹システム整備など)との連携方針を定め、プロジェクト間の活動連携を円滑におこなえるようにします。

    ウェブサイト構築プロジェクトに始めてかかわるメンバーが多い場合は、ウェブ担当者育成研修をおこないます。

    現状分析/課題整理

    ウェブサイト診断(自社サイトの専門家評価)現状分析(サイト診断)ウェブ解析など、さまざまな分析方法で抽出した改善点をリスト化し、戦略策定やサイト改善計画の際に議論すべき点を整理します。

    改善ポイントリストを利用して、施策の優先順位付けや実施時期、効果検証方法を整理し、ウェブ戦略策定における論点を方向づけます。

    ウェブ戦略立案(プロジェクト計画)
    アウェーミーティング当社オリジナルのワークシートを利用して、プロジェクトメンバーでのディスカッションを繰り返すコンセプトワーク、ビジネスの流れの全体像を図式化したうえで、ウェブサイトの役割を定義するビジネスプロセスマップなどのワークショップをプロジェクトメンバーのみなさんと一緒におこない、ウェブサイトのあるべき姿を描きます。
    RFP(提案依頼書)や業者選定基準表(採点表)を作成
    ウェブ戦略策定書から、どこまでの情報をRFPとして提示するか見極める策定したウェブ戦略に基づきリニューアル開発等をおこなうための業者選定をおこなうため、ウェブ戦略策定書をもとに、業者選定要件をRFP(提案依頼書)としてまとめます


    戦略的ウェブ活用は開発業者選定前の「0次フェーズ」が重要

    ウェブサイトには耐用年数があり、数年に1度のペースで大規模なリニューアルが必要となります。リニューアル時には、ウェブサイト全体の再設計やシステム構築、システム連携などをプロジェクトチームで取り組むことが必要になり、日々の運営業務とは異なる進行管理能力が求められます。
    戦略的ウェブ活用は業者任せでは実現できません。まずはウェブマネージャーが主体的に予算計画、スケジュール計画を立て、ウェブサイトのあるべき姿を練ることが肝心です。

    実施方法や価格帯、スケジュール

    実施方法と価格帯

    名称 実施方法 主な価格帯 工期の目安
    ウェブ戦略策定&RFP作成支援プラン

    プロジェクト体制の整備、現状分析、ウェブ戦略立案、RFP策定など、ウェブサイトのあるべき姿を具体化するための一連の工程を支援します。
    ワークショップやヒアリングを繰り返しながらおこなうことにより、戦略的ウェブ活用を推進するために必要なプロジェクトチーム作りをおこないます。

    800万円~2,000万円 3ヶ月~8ヶ月

    備考

    • 価格帯やスケジュールは目安です。組織の規模、対象サイトの規模や特殊性、難易度、作業内容などによって、取り入れるべきウェブ戦略手法や作業量が変動します。
      詳しくは個別にお見積もり、ご提案しますのでお問い合わせフォームよりご依頼ください。
    • 策定したウェブ戦略に基づいて、構築作業も継続してご用命の場合は、サイトリニューアルプランでご支援します。

    実施スケジュールの例

    ウェブ戦略策定&RFP作成プランの流れ

    ウェブ戦略策定&RFP作成支援で用いるウェブ戦略手法

    下記は本プランで用いることが多いウェブ戦略手法です。ご事情に応じて、組み替えてご提案します。


    ウェブ戦略策定&RFP作成における当社の強み

    あやとりには、企業ウェブ担当経験者が多数在籍しています (品質保証部門、広報部門、マーケティング部門経験者などが在籍)。社内の組織事情を考慮した寄り添った支援が可能です。

    また、事業戦略同期型ウェブ戦略の独自手法で事業戦略や組織戦略、営業戦略に基づいたウェブ戦略策定をおこなってあるべき姿を描きます。ウェブ戦略を策定するプロセスを通じて、「よいところ」「強み」を再発見することにもつながり、事業戦略や事業計画に対する理解を深めたり、ブラッシュアップすることにも寄与します。


    支援事例

    トレックス・セミコンダクター株式会社様【製造業/半導体】

    デジタル回路エンジニアの方々にとって「使いやすい」サイト

    情報分類を見直し、サイト内横導線の整備やサンプル請求用のカートシステムを導入しました。さらに柔軟な運用のために必要なマルチ言語、マルチデバイス、マルチドメインを実現する統一のプラットフォームを整備しました・・・
    この事例の続きを読む


    よくいただくご質問

    A

    残念ながら「丸投げ」ではウェブ戦略は描けません。ウェブ戦略は経営計画や事業計画に従います。「経営計画」や「事業計画」を理解している社内のみなさまが主体的に考えてこそ、事業計画同期型ウェブ戦略が描けます。私たちは、御社のみなさまが主体的にウェブ戦略を描けるようになるために一緒になって考え、後方支援します。

    A

    サイト規模や組織の規模によっても変わりますが、短くても3ヶ月は必要です。サイト規模が大きい、あるいは関わる部門が多岐にわたる場合は、ウェブ戦略策定までに半年以上の期間を要する場合もあります。また、策定したウェブ戦略に基づいて業者選定をおこなう場合は、RFP完成後に、社内稟議、候補業者の選定、オリエンテーション(コンペ説明会)の開催、業者による提案書作成期間、再提案などが必要となるため、RFP完成からリニューアル開発プロジェクトキックオフまでの期間も3ヶ月は見込んでおいた方がよいです。

    ウェブ戦略の専門家がご相談を承ります。お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。
    BtoB企業ウェブ担当者必見のお役立ち情報が満載のウェブ戦略ノウハウ資料が無料でダウンロードできます。

    東京~大阪までご支援可能です。まずはお問い合わせフォームよりご相談ください。お問い合わせの前に初めてのかたへをご覧ください。

    BtoB企業の戦略的ウェブサイト活用セミナー 属人営業/感覚営業から脱却するためのウェブ活用術! 2017年7月27日(木)@品川
    ウェブマネジメント講座 対面研修2日コース 2017年10月5日(木)、6日(金)@東京
    ページの先頭へ