印刷範囲
全体プリント
本文プリント

海外市場向けウェブ活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外市場向けウェブ活用

主なお悩み/課題 -海外市場向けウェブ活用に関してよくあるご相談

海外市場に向けたウェブマーケティングに関する悩み

悩み
  • 海外市場での売り上げを伸ばしたい
  • 海外展開(特にマーケティング)に課題を抱えており、ウェブサイトを有効活用したい
  • 多言語サイトを作るにあたって、どのようなことに気をつければよいのだろうか?
  • 海外の子会社が勝手にウェブサイトを立ち上げてしまい、本社として適切な管理ができていない

 


起きている要因

課題の背景 - 海外市場向けウェブ活用がうまくいかない要因

インターネット上における、市場最適化ができていない

海外のどこをターゲットにしてマーケティング活動をしているか、あいまいなウェブサイトが多いです。
たとえば、英語圏の海外市場(海外在住の英語話者向け)をターゲットにして運営しているウェブサイトにもかかわらず、「co.jp」ドメインで運営しているウェブサイトをいまだに多く見かけます。しかし、いくら英語コンテンツが展開されていたとしても、「co.jp」ドメインは「日本国内市場の英語話者向けサイト」という意味になってしまうため、現地の検索エンジンにヒットしにくくなるなど、機会損失におちいります。インターネットは世界中とつながっているからといって、対象市場を明確に表していないウェブサイトでは見込み顧客に見つけてもらえません。

現地法人(海外子会社や販売代理店)との関係構築/体制構築ができていない

グローバル本社機能として、日本国内の本社で公式ウェブサイトを構築していても、現地法人が「勝手サイト」を独自に構築運営しているケースがあります。そのような状態では、日本発の公式ウェブサイトの品質が良かったとしても、現地法人のウェブサイトに迷い込んだ顧客に対しては、適切なサポートができません。

解決のために

課題解決のポイント - 海外市場向けウェブ活用成功の秘訣

ターゲット市場に合わせたサイト構造を設計する

どこの国のどの言語話者向けのサイトなのかを明確にすることが不可欠です。それによって、多言語サイトの望ましい構造やインフラ環境などが変わります。

現地法人(海外子会社や販売代理店)も巻き込んで、ウェブサイト運営体制を整備する

日本本社が統括管理する公式サイトだけでなく、現地で子会社や販売代理店がどのようなウェブサイトを運営しているのかを、顧客視点に立って、把握する必要があります。そのうえで、日本本社主導で統合管理するべきか、現地サイトは現地法人に運営をゆだねてサイト間の導線整備のみ考慮するのかなど、対応方針を練ります。これを実現するためには、現地法人の担当者と協力関係を築くための地道なコミュニケーションや、ウェブサイト全体設計に関する理解を得るための啓蒙活動が欠かせません。

ケーススタディ

輸送用機器関連部品メーカー T社
海外現地法人も交えて、ウェブサイトのあり方を調整
(注)過去に携わった複数事例を参考に作成したモデルケースです。
プロジェクト期間 1年間
予算 非公開
参加部門 日本本社ウェブ担当部門、海外現地法人(アメリカ/イギリス/中国)


あやとりが
ご支援できること

「海外市場向けウェブ活用」におすすめの導入プラン

関連コンテンツ

ウェブ戦略の専門家がご相談を承ります。お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。
BtoB企業ウェブ担当者必見のお役立ち情報が満載のウェブ戦略ノウハウ資料が無料でダウンロードできます。

東京~大阪までご支援可能です。まずはお問い合わせフォームよりご相談ください。お問い合わせの前に初めてのかたへをご覧ください。

ページの先頭へ