ウェブ戦略策定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ウェブ戦略策定

必要なのは、事業計画に基づくウェブ戦略

  • どのようなデザインのサイトにするか?
  • どのようなコンテンツを掲載するか?
  • どのように集客をするか?
  • どのような機能を持った更新システムを導入するか?

これらはあくまで戦術であって、戦略ではありません。
ウェブサイトを戦略的に構築し、企業の目的を達成するためには、経営計画や事業戦略に従ってウェブ戦略を練る必要があります。

ウェブ戦略は経営計画や事業戦略のもとに成り立つ

「ウェブ戦略策定」工程の戦略的ウェブサイト構築手法

現状分析(サイト診断)

自社の視点、競合の視点、顧客(市場)の視点で現状サイトで改善すべき点を論理的に把握します。

ウェブ解析

ウェブ解析による量的/質的分析やユーザーテストによる心理分析などの方法で、BtoBサイトのウェブ解析経験を積んだ専門家がウェブ解析をおこないます。

関連部門ヒアリング

関連部門へのヒアリングをおこなうことで、各部門の業務内容や活動を把握するとともに、部門によって異なるウェブサイトへの要望を吸いあげます。

ビジネスプロセス整理

顧客の意思決定プロセスと自社の部門間連携プロセスの両面から、ビジネスプロセスの全体像を把握し、ウェブサイトの位置づけを定義します。

中期経営計画とのすりあわせ

ウェブ戦略の上位概念として企業に存在する経営計画書、事業計画書、営業計画書や、各種外部マーケットレポートを用いた業界動向分析などをもとに、ウェブサイトの中期計画を作成します。

コンセプトワーク

当社オリジナルのウェブ戦略策定シートを使用して、顧客視点のサイトとしてのあるべき姿を描きます。達成ビジョンや改善方針をウェブ戦略計画として明文化することで、自社の強みを再定義します。

KPI設定

ウェブサイトを用いたマーケティングの達成目標や途中経過目標(数字計画)を策定します。KPIを定義することで、とるべき施策の方向性の判断ができ、PDCA改善を効果的に推し進めることができます。

顧客定義(ユーザーシナリオ作成)

自社サイトの想定顧客のペルソナを策定し、サイト閲覧前後の行動も含めて包括的にユーザー行動(意思決定の流れ)をシミュレーションしていく中で、シーンごとの顧客のニーズや悩みを体系化します。

ドメイン戦略(ドメイン選定)

マーケティング戦略にもとづき、企業としてどのようなドメインを取得し、維持、廃棄するかについての方針を練ります。

メディア連携方針策定

顧客との接点を「点」ではなく「線」でとらえ、メディアミックスによる連携した施策によって潜在顧客の意思決定を促します。

RFP作成/業者選定

目的達成のための適切な業者を選定するためのRFP(要求仕様をまとめた提案依頼書)を作成します。RFPに基づいて業者選定をおこなうことで精度の高い提案を受けられるようになり、最適な委託先業者を選定し、適切な金額で発注することができます。

ウェブ戦略の専門家がご相談を承ります。お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。
BtoB企業ウェブ担当者必見のお役立ち情報が満載のウェブ戦略ノウハウ資料が無料でダウンロードできます。

東京~大阪までご支援可能です。まずはお問い合わせフォームよりご相談ください。お問い合わせの前に初めてのかたへをご覧ください。

BtoB企業の戦略的ウェブサイト活用セミナー 属人営業/感覚営業から脱却するためのウェブ活用術! 2017年7月7日(金)@名古屋
BtoB企業の戦略的ウェブサイト活用セミナー 属人営業/感覚営業から脱却するためのウェブ活用術! 2017年7月27日(木)@品川
ウェブマネジメント講座 対面研修2日コース 2017年10月5日(木)、6日(金)@東京
ページの先頭へ