素材管理/コンテンツ校正

Page Index :

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    ウェブ独特のライティング方法や著作権管理に細心の注意を払うデザイン制作工程

    素材管理/コンテンツ校正とは

    ウェブサイト構築プロジェクトのなかで、社内担当者に最も負荷がかかる業務が原稿や写真といった掲載素材の準備です。素材準備にもスキルが要ります。ウェブ独特のライティング方法や著作権管理にも細心の注意を払いながら、顧客の知識レベルに配慮して素材を用意しなければ、価値が伝わりません。

    素材管理/コンテンツ校正とは、社内ウェブ担当者(ウェブマネージャー)が中心となってウェブサイト用の素材を用意するうえでの素材管理や、用意された元原稿の校正や編集の支援をおこなうことをいいます。

    素材管理/コンテンツ校正の手法詳細

    素材管理
    素材管理原稿作成ガイドライン、素材管理表、原稿入力書式など用意するなど、プロジェクト主担当者の方が各部署に原稿準備を依頼しやすく、管理がしやすいように支援します。

    素材準備担当者向け講習
    素材準備担当者向け講習ウェブサイトの構築/運営に普段は関わらない社員やスタッフにも原稿準備や写真準備に協力を依頼する場合、素材準備担当者にウェブ用のコンテンツを準備する際の注意事項やコツを講習し、品質の高い素材準備を支援します。

    素材を準備する際には、著作権違反がないように慎重に管理することが大切です。また、品質の保たれた原稿を用意するためにはウェブ独特のライティングのコツを理解したうえで執筆すると効果的です。

    コンテンツの校正/編集
    コンテンツの校正/編集

    使用するページの設計方針や企画意図に基づき、提供された原稿の校正や編集をおこないます。

    素材管理/コンテンツ校正の効果を高めるポイント

    ウェブ独特のライティングルールを意識する

    「ウェブライティング」といわれる、ウェブでの表現に最適化された文章作成の独特のお作法があります。

    論文や書籍はもとより、営業ツールで使用している紙媒体のライティング方法をそのままウェブサイトに置き換えて使ってしまうと、読みにくくなったり、訴求力最適化されない場合があります。
    ウェブ独特のライティングルールを意識する

    用語集を作る

    複数の担当者で手分けをして原稿を準備すると、ついつい各担当者の書き方の癖で使用する用語にばらつきが出てしまい、結果としてサイト全体を通しての一貫性が保たれなくなってしまいます。

    そのようなことを防ぐためには、あらかじめ会社として用語使用ルールを定め、用語集として整備をしておくと効果的です。
    用語集を作る

    あやとりが
    ご支援できること

    関連する導入プラン

    目的別プラン

    ウェブサイトの種類別プラン

    関連コンテンツ

    ウェブ戦略の専門家がご相談を承ります。お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。
    BtoB企業ウェブ担当者必見のお役立ち情報が満載のウェブ戦略ノウハウ資料が無料でダウンロードできます。

    東京~大阪までご支援可能です。まずはお問い合わせフォームよりご相談ください。お問い合わせの前に初めてのかたへをご覧ください。

    ページの先頭へ