マルチデバイス設計

Page Index :

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    BtoBサイトもスマートフォン最適は必要不可欠設計工程

    マルチデバイス設計とは

    マルチデバイス設計とは、スマートフォンやタブレットでのウェブサイト利用を想定して、モバイル端末でも閲覧がしやすいように画面表示方法を設計することです。

    近年では、BtoBサイトにおいても、モバイル端末を利用したアクセスの割合が増加しているだけでなく、Googleが検索エンジン評価の判断指標としてもモバイル対応状況を考慮している旨が発表されています。これらのことを踏まえると、顧客の多様な利用シーンに対応するマルチデバイス設計はBtoBサイトにおいても不可欠なことです。

    マルチデバイス設計の手法詳細

    マルチデバイス対応した画面設計(レイアウト設計)
    マルチデバイス対応した画面設計(レイアウト設計)PC画面、スマートフォン、タブレットそれぞれの端末でアクセスした場合のレイアウト表示切替方法を設計します。

    CMSなどのシステム導入を伴う場合は、導入するシステムで実装できる仕様も考慮して設計します。

    マルチデバイス設計の効果を高めるポイント

    BtoBサイトならではの「スマートフォンやタブレットの利用シーン」を意識する

    スマートフォンやタブレットを使用したサイトアクセスは、BtoBサイトにおいても増えてきております。
    下図の通り、その割合はBtoCサイトほどではない場合が多いですが、BtoBサイトにおいても年々割合が増加傾向にあります。
    ただし、割合以上に意識しなければいけないことは、BtoBサイトならではの「スマートフォンやタブレットの利用シーン」を意識してウェブサイト設計をすることです。たとえば、見込み顧客が出先や会議中に急な調べもので検索して流入している場合もあれば、自社や代理店の営業員が商談時にタブレット端末を使ってカタログ代わりに利用している場合もあります。
    このような利用シーンを意識しながら、必要な情報を取得し、その場にいる他社との会話がしやすいように考慮して設計します。

    BtoBサイトならではの「スマートフォンやタブレットの利用シーン」を意識する

     

    あやとりが
    ご支援できること

    関連する導入プラン

    目的別プラン

    ウェブサイトの種類別プラン

    関連コンテンツ

    お役立ちコラム「ウェブ戦略お悩み解決集」
    ウェブ戦略の専門家がご相談を承ります。お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。
    BtoB企業ウェブ担当者必見のお役立ち情報が満載のウェブ戦略ノウハウ資料が無料でダウンロードできます。

    東京~大阪までご支援可能です。まずはお問い合わせフォームよりご相談ください。お問い合わせの前に初めてのかたへをご覧ください。

    ページの先頭へ