ウェブサイト設計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブサイト設計設計工程

「ウェブサイト設計」がなぜ重要か?

  • お客さまの目的や知識レベルを考慮せず、「自分たちの言葉」で押し売り
  • 事業・サービスについての定義があいまいで、第三者が読みとれない
  • 無計画にコンテンツの追加を重ねて迷子になってゴールがわからない

これらは成果が出ないウェブサイトがおちいりがちな失敗例としてよく出会うケースです。独自性があり競争力がある戦略を立てられても、華美でハイクオリティなデザインがあったとしても、顧客にウェブサイトを見つけてもらい、内容を理解して(価値を感じて)、アクションを起こしてもらわなければ意味がありません。

顧客を目的達成へ導けるように、使い勝手に配慮しながらページ構成や画面設計を実施します。

「ウェブサイト設計」がなぜ重要か?

「ウェブサイト設計」工程の戦略的ウェブサイト構築手法

コンテンツ設計

ウェブサイトに掲載する情報(コンテンツ)を棚卸しし、階層構造化して整理します。

画面設計(レイアウト設計)

ウェブサイトに訪問した顧客がページ遷移を重ねるなかで、知りたい情報を取得でき、解決策へ導けるように、各ページのレイアウトを設計します。

顧客接点設計

ウェブサイトを通じて、顧客(ウェブサイト利用者)とどのようなコミュニケーション機会を設けるかを定義します。

ユーザビリティ/アクセシビリティ設計

W3CやJIS規格も考慮しながら、ウェブサイトの使いやすさ改善やアクセシビリティの改善のための対応方針を設計します。

マルチデバイス設計

スマートフォンやタブレットでのウェブサイト利用を想定して、モバイル端末でも閲覧がしやすいように画面表示方法を設計します。

SEO設計

顧客ニーズを自社の強みをマッチングし、「戦わずして勝つ」ビジネス領域を見つけ出すための戦略的SEOをおこなう方法を設計します。

ウェブ解析設計

意思決定や改善活動に役立つアクセスログデータを適切に収集するためには「事前準備」が重要です。ウェブ解析設計書に基づいて、必要なデータが収集できるようにウェブ解析計画を立てます。

ウェブ戦略の専門家がご相談を承ります。お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。
BtoB企業ウェブ担当者必見のお役立ち情報が満載のウェブ戦略ノウハウ資料が無料でダウンロードできます。

東京~大阪までご支援可能です。まずはお問い合わせフォームよりご相談ください。お問い合わせの前に初めてのかたへをご覧ください。

ページの先頭へ