部門別で探す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブサイト運営は「総務の片手間仕事」から、「全社的に推進する仕事」へ

インターネットが日本に普及した当初は「会社案内の焼き直し」としての役割にとどまっていたため、総務部門や広報部門の片手間仕事として運営されていました。その後、新規顧客開拓のための営業支援やIR情報の発信、顧客サポートや人材採用など、ウェブサイトがBtoB企業の事業に与える影響は広がり続けています。ですが、いまだに総務や広報部門の片手間仕事にとどまってウェブ活用が進んでいない企業も多く、「どの部門がどのように役割を担うべきか」が組織戦略上の課題となってます。
一方で、ウェブサイトを事業成長にいかしている企業は、ウェブ活用を経営マターととらえ、全社的に取り組んでいるという特徴があります。
ここでは、各部門の業務や役割を踏まえて、ウェブ活用を推進するためのポイントを解説します。

経営企画部門

組織全体の情報戦略として、戦略的ウェブ活用推進の中心を担うべき部門

営業推進部門

営業活動とマーケティング活動を連動させる

人事採用部門

労働人口問題=迫りくる社会問題/企業の事業継続課題

ウェブ戦略の専門家がご相談を承ります。お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。
BtoB企業ウェブ担当者必見のお役立ち情報が満載のウェブ戦略ノウハウ資料が無料でダウンロードできます。

東京~大阪までご支援可能です。まずはお問い合わせフォームよりご相談ください。お問い合わせの前に初めてのかたへをご覧ください。

ページの先頭へ