印刷範囲
全体プリント
本文プリント

『戦略的ウェブサイト構築集団あやとり』の強み

Page Index :

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    成功しているBtoB企業は何をしているか?

    ウェブ活用に成功されている企業は、ウェブサイトを作る前の「戦略策定」と作った後の「運営」体制構築に重きを置いています。それは、事業戦略やリニューアルコンセプトの定義なしに業者へ丸投げすることウェブサイトを作ったきり仮説も立てず、検証も改善もしないことは「成果」につながらないと正確に理解しているからです。

    ウェブ活用に成功しているBtoB企業が、共通して実践していること

    • ウェブ活用による顧客開拓に全社で取り組んでいる
    • 顧客のニーズ、ウォンツに常に耳を傾けている
    • 事業戦略に基づいたウェブ戦略を練り、それに基づきウェブを運営している
    • 検索行動に対応したコンテンツを積極的に投入している
    • 仮説と検証を地道に繰り返し、改善している
    • 分析結果を反映させて、次の営業アプローチ方法を改善している
    『4つの強み』をいかし
    BtoB企業のウェブ活用を
    サポートします


    1.ウェブはあくまでもツールのひとつと捉えている

    企業の中にいた経験者だからできる、組織を理解した提案力とマネジメント力!

    私たち自身も、実際に企業内広報担当者としてウェブサイト運営の経験があります。
    ”企業の中の人”として成功した経験もあれば、苦労した経験もあります。

    その経験をいかし、個人事業から上場企業まで多業種、多規模にわたりウェブサイト構築をご支援させていただいてきました。

    企業、組織によって事情も異なれば、目標達成や課題解決のためにすべきことも異なります。ウェブマーケティングを成功させるためには、ときには「社内のステークホルダー」に向けて合意形成のための調整をしなければいけないこともあります

    専門家として提案力とマネジメント力を発揮し、二人三脚で一緒になってかたちにします。

    あやとりスタッフ


    2.『事業戦略同期型ウェブ戦略』と名づけた独自手法、プロセスを開発

    事業戦略に基づいて本質的課題解決を目指します!

    ウェブサイトとは、企業全体活動の中で、各事業部門の目標をいかに達成するかという視点から戦略を打ち出し投資すべき対象です。
    ウェブ戦略とは経営計画や事業戦略とに基づき、自社にとってのウェブサイトのあるべき姿を描くことです。
    つまり、企業全体の戦略、事業計画の上に成り立つものです。

    企業活動(営業活動、商品の売上)には成果を求められる以上、当然、ウェブサイトにも計画と成果を求めらます。

    具体的な企業活動の全体と有機的に結びつき、事業の成長に貢献するため、経営計画や事業計画と同期したウェブ戦略を構築します。また、強みと検索需要のマッチングを通して事業の体系化、差別化をはかります。

    事業計画同期型ウェブ戦略


    3.『顧客は誰か』を綿密に定義し、ウェブサイトのあるべき姿を描く

    顧客視点に立ち、「戦略」&「運用」重視で目的達成のための手段を提供!

    マーケティングとは「顧客との関係を築いて発展させること」です。
    「顧客は誰か?」からスタートし、「私たちは顧客の課題(ニーズ)をどのように解決できるのか?」を練り直し、「そのためにウェブですべきことと、他の手段ですべきことは何か?」を決めて連携しながらアクションを起こしていくことが大事です。

    「ツールや手法ありきのウェブ戦略」という発想は間違いで、ウェブサイトは顧客と企業が出会い、つながるための接点(チャンネル)のひとつとしてストーリーを描くことが大事です。
    ウェブマーケティング活動というのは、まさしくドラッカーも述べている「顧客の創造」のためのプロセスです。

    「顧客の創造」のためのマーケティング活動を自利利他の理念に基づいてお手伝いします。

    売れるウェブサイトは顧客からスタートする


    4.組織横断的なウェブチームづくりに配慮したプロジェクト進行

    担当者育成や社内ノウハウ蓄積を重視したプロジェクト進行で
    継続的に活用するための組織づくりをサポート!

    日本にはまだ、ウェブサイトの運用やリテラシーを専門的に教える教育機関は少なく、多くの人材がウェブ情報戦略に関してはプロではありません。大企業であれば専門部署があり、そこに多くのノウハウが蓄積していますが、それでもまだまだ手探りな状態が続いています。

    ウェブサイトはPDCA運用改善を繰り返してこそ、成果を上げ続けることができます。
    そのためには、ウェブ制作会社に丸投げするのではなく、社内で育成すべき人材と外注すべき専門領域を事業規模や内容にあわせて適切に判断することで持続的に成長できる体制を構築することが大切です。

    あやとりは社内へのノウハウ蓄積を重視したウェブ構築プロジェクト遂行と継続的なウェブ担当育成プログラムでウェブマーケティング活性化をご支援します。

    浜松ドラッカー&マーケティング勉強会


    ウェブ担当育成プログラムとして、『ウェブマネジメント講座』を開発しました

    ウェブマネジメント講座とは?
    ウェブマネジメント講座の開催あやとりでは、企業内のウェブ担当者のうち、主体的にウェブサイト運営をコントロールする企業内の管理責任者のことを「ウェブマネージャー」と位置づけています。
    ウェブマネージャーに求められるのは些末なテクニックではなく、マネジメント力、マーケティング力、チームビルディング力などです。これらのスキルを身に着けるための体系的なカリキュラムとして「ウェブマネジメント講座」を独自開発し、講座運営しています。

    ウェブ戦略の専門家がご相談を承ります。お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。
    BtoB企業ウェブ担当者必見のお役立ち情報が満載のウェブ戦略ノウハウ資料が無料でダウンロードできます。

    東京~大阪までご支援可能です。まずはお問い合わせフォームよりご相談ください。お問い合わせの前に初めてのかたへをご覧ください。

    BtoB企業の戦略的ウェブサイト活用セミナー 属人営業/感覚営業から脱却するためのウェブ活用術! 2017年7月27日(木)@品川
    ウェブマネジメント講座 対面研修2日コース 2017年10月5日(木)、6日(金)@東京
    ページの先頭へ