営業時間 9:30〜17:30(平日)
サイト内検索
- 文字サイズ +

バナー画像は無視されがち?

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Web サイトを設計していると、リンクをバナー画像にしてほしい、という要望をいただくことがしばしばあります。テキスト (文字) によるリンクよりも、見栄えのよい画像によるリンクのほうが、よりユーザーにアピールできる (ユーザーを誘導できる) ような気がするからです。

「バナー画像」即ち「無関係な広告」という解釈

ところが、バナー画像でリンクを設けていても、期待したようにユーザーがリンクをクリックしていない、うまく誘導できていない、というケースが往々にして見られます。

私自身、様々なプロジェクトでユーザビリティテストを行なう中で実感したのですが、せっかく労力をかけて作ったリンクバナーが、ユーザーにまったく見られないケースが多いことに驚かされます。

これは、バナー画像であるというだけで条件反射的に、ユーザーが「自分と無関係な広告」だと解釈 (誤解?) してしまうことが多いからです。

バナーブラインドネス (banner blindness) というセオリー

Web ユーザビリティの用語で、「バナーブラインドネス (banner blindness)」という言葉があります。直訳すると「バナーを視認できない」という意味になりますが、Web サイト上のユーザー行動において「バナー画像がユーザーに無視される」現象を端的に言い表した言葉です。このような言葉がセオリーとして存在していることからも、バナー画像の扱いの難しさを窺い知ることができます。

もちろん、ユーザーの利用コンテキストに合致する形で適切にバナー画像を提示し、目的達成のためのしかるべきページにユーザーをスムーズに誘導する…という戦略があればよいのですが、単に「見栄えがよいから」というだけの理由で、バナー画像によるリンクを用意しても、それほど効果は期待できないでしょう。

基本はユーザーの言葉を用いた文字による表現

Web サイトで情報を探す際、ユーザーは自分自身の言葉で (多くの場合、無意識的に) その情報を表現し、頭に思い浮かべながら、斜め読みします。Web ページ上に、自分の言葉にマッチした表現があることに気付くことができて初めて、そこを深く見ようとして、次のアクション (リンクをクリックしたり) を起こします。

その意味で、まずは的確な「言葉による」表現、つまり文字 (テキスト) による表現を試行錯誤することで、リンクの効果を向上させることを考えたいものです。ビジュアルを用いて、よりアイキャッチングな (ユーザーの目を惹く) リンクを設置したい、という場合も、的確なテキスト表現とペアで考えることが大事です。

関連サービスはこちら

当社では「見た目」ばかりののデザインを重要視しません。顧客視点のサイト設計と、Web標準に基づいた使いやすいサイトデザインで「成果」につながるWebサイトを制作します。

サイト診断

専門家によるサイト診断(構造や画面構成の分析、デザイン分析、検索エンジンからの評価状態の調査)などを行ない、望ましいWebサイトのあるべき姿をご提案します。

WebサイトにJIS規格(日本工業規格)があることはご存知ですか? Webサイトの使いやすさに関する品質向上は、Web受注率アップにつながるだけでなく、企業ブランドを高めることに貢献します

あわせて下記の記事もチェック!!

ウェブ戦略の専門家がご相談を承ります。お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。
BtoB企業ウェブ担当者必見のお役立ち情報が満載のウェブ戦略ノウハウ資料が無料でダウンロードできます。

東京~大阪までご支援可能です。まずはフォームよりお問い合わせください。

BtoB企業のウェブ担当者必見!!売上アップに貢献するウェブ解析の活用方法
seminar-banner20170119

【無料】BtoB企業ウェブ担当者必見のノウハウ資料ダウンロード

戦略的ウェブ活用のエッセンス/事業戦略と同期した戦略的ウェブ活用のノウハウをギュッと凝縮!
失敗しないための戦略的ウェブサイト構築手順/リニューアルを成功させる秘訣は「作り始める前にやるべきこと」にある
ウェブマネージャーが身に着けておくべき7つのスキル/企業のウェブ担当者に求められる7つのマネジメントスキルとは?
セールスとマーケティングをつなぐウェブ解析/営業部門との連携を図り、営業員が活躍しやすいように後方支援をする
ページの先頭へ