印刷範囲
全体プリント
本文プリント

制作会社への不満との向き合いかた

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
制作委託がうまくいっていなくて…

自社サイトの制作を、外部制作会社に委託しているのですが、なかなか思うようにいかず、チーム内でも不満がたまっています。どうすればよいでしょうか?

何に不満なのかを知る

具体的にどういう点が不満なのでしょうか。

たとえば、「期限を守ってくれない (工数見積もりが甘い)」、「成果物の品質が低い (きちんと使えない、不具合がある、挙動が重たい、など)」といった基本的な問題が続き、改善する様子がないというのであれば、その会社との取引は考え直したほうがよいかもしれません。

一方で、「出てくるデザインのテイストがいまいち」「コストが思っていたより高い」といった不満であれば、制作会社とのコミュニケーションによって改善でき、お互いに納得感が得られる可能性もあります。

事前の期待を明確にし共有する

後者のような不満は、「事前の期待」と「事後の成果物」のギャップと考えることができます。よくあるのが、両者間で十分に事前すりあわせをしないまま制作会社に「いい感じに見繕って」的に丸投げに近い業務依頼をしておきながら、その結果出てきたものに対して「こんなはずではなかったんだけど…」と嘆く、というパターンです。

であれば、このギャップを最小限にすべく、あらかじめ両者のコミュニケーションによって「事前の期待」の明確化と意識共有をはかることが大事になるといえるでしょう。たとえば以下のような形でまとめることができます。

  • ビジネスゴールおよびユーザーゴールの定義
  • ペルソナおよびユーザー行動シナリオ
  • 仕様書 (要件定義書、ワイヤーフレーム、サイトマップなど)

これらは発注側 (サイト運営会社) または受注側 (制作会社) のどちらかが一方的に作り上げるべきものではありません。お互いに協力しながら作り上げていきたいものです。

指針や制約を共有する


「事前の期待」の明確化には、制作会社に「何をするか (What)」という情報を提供するだけでなく、「どうするか (How)」という情報も提供すると、制作会社はよりスムーズに作業を進めることができます。

たとえば、以下のような形で指針や制約を共有するとよいでしょう。

  • ムードボード (訴求したいブランドイメージを視覚化したもの)
  • カスタマージャーニーマップ (現状の問題点をユーザー行動フローの観点から視覚化したもの)
  • 制作ガイドライン (自社のウェブ制作規定やVI/CI規定など)
  • スコープ定義 (スケジュールや予算をもとにやること/やらないことの明確化)

これらはいずれも「事前の期待」を明確化するための前提条件ともいえるので、あわせてまとめておきたいものです。


このように、制作会社とのコミュニケーション、コラボレーションによって改善できることはいろいろあります。できるところから、試してみてはいかがでしょうか。

ウェブ戦略の専門家がご相談を承ります。お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。
BtoB企業ウェブ担当者必見のお役立ち情報が満載のウェブ戦略ノウハウ資料が無料でダウンロードできます。

東京~大阪までご支援可能です。まずはお問い合わせフォームよりご相談ください。お問い合わせの前に初めてのかたへをご覧ください。

ウェブマネジメント講座 対面研修2日コース 2017年10月5日(木)、6日(金)@東京
ページの先頭へ