営業時間 9:30〜17:30(平日)
サイト内検索
- 文字サイズ +
印刷範囲
全体プリント
本文プリント

リンクの言葉 (「こちら」は使うべからず)

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日々、Web サイトを更新する中で、コンテンツの中にリンクを設けるということは、多々あると思います。リンクこそが (他のメディアにはない) Web の特長であり、コンテンツからコンテンツへ、ユーザー (顧客) が欲しい情報を求めて自由に移動することができます。リンクを介したユーザーの動線を上手に設計することで、企業側のビジネスゴール達成にも寄与することが可能です。

さて、このリンクですが、「詳しくはこちら」といった具合に、「こちら」という言葉をつい使ってしまうことはないでしょうか?

拾い読みするユーザーに伝わらない

結論から言うと、リンクでは「こちら」という言葉は使うべきではありません。コンテンツ (文章) の文脈上:

xxx について詳しくはこちらをご覧ください。

…と書きたくなってしまうことはあるかもしれませんが、このようなリンクにしてしまうと、肝心な情報にユーザーが気付けない (ユーザーが情報を見落としてしまう) 可能性があります。

ユーザビリティテストをやってみるとわかるのですが、ユーザーは、Web ページ上の文章をじっくり読むことはせず、まずは「拾い読み」をします。リンク箇所 (下線が引いてある青文字) のみをぱっぱっと見て、興味のありそうなリンクを見つけたら、そこをクリックして次のページ (詳しい情報) に行こうとする、という行動パターンがよく見受けられます。その際、リンク箇所の言葉が「こちら」だと、肝心な情報 (上記の例で言うと、「xxx」に入る言葉ですね) がユーザーの目に入らず、結果として、「ユーザーが本来欲していた情報にたどり着けない」「企業側がユーザーに伝えたかった情報が伝わらない」という、もったいない機会損失につながってしまうのです。

リンクの言葉は具体的に

この問題を回避するには、リンクの言葉を具体的にすることです。上記の例を改善するとしたら:

詳しくは「xxx について」をご覧ください。

…といった具合にします。ポイントとしては、以下の2点を意識するとよいでしょう。

  • リンクの言葉の中に、肝心な情報 (上記の例で言うと、「xxx」に入る言葉) を盛り込む。
  • リンクの飛び先のページのタイトル (大見出し) と同じ文言を、リンクの言葉にする。

要は、リンク先にどんな情報があるかを、リンクの言葉を一見しただけでわかるようにすることです。こうすることで、「拾い読み」をするユーザーにも、肝心な情報が伝わりやすくなります。簡単にできて、それでいて効果も大きいので、ぜひ、意識していただけたらと思います。

ウェブ戦略の専門家がご相談を承ります。お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。
BtoB企業ウェブ担当者必見のお役立ち情報が満載のウェブ戦略ノウハウ資料が無料でダウンロードできます。

東京~大阪までご支援可能です。まずはフォームよりお問い合わせください。

BtoB企業のウェブ担当者必見!!売上アップに貢献するウェブ解析の活用方法
seminar-banner20170119

【無料】BtoB企業ウェブ担当者必見のノウハウ資料ダウンロード

戦略的ウェブ活用のエッセンス/事業戦略と同期した戦略的ウェブ活用のノウハウをギュッと凝縮!
失敗しないための戦略的ウェブサイト構築手順/リニューアルを成功させる秘訣は「作り始める前にやるべきこと」にある
ウェブマネージャーが身に着けておくべき7つのスキル/企業のウェブ担当者に求められる7つのマネジメントスキルとは?
セールスとマーケティングをつなぐウェブ解析/営業部門との連携を図り、営業員が活躍しやすいように後方支援をする
ページの先頭へ