印刷範囲
全体プリント
本文プリント

ランディングページを最適化しよう

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ランディングページを最適化とはどういった意味でしょうか?

営業部から異動になり、突然ウェブ担当者になっりました。慣れない横文字だらけで覚えることが山ほどあります。担当になり耳にしますが、「ランディングページを最適化」とはどのような意味で、どういった役割があるのでしょうか?

ランディングページとは

ユーザー (ウェブサイトの利用者) が、最初に来訪するページのことを、「ランディングページ」と言います。

ランディング (Landing) という語は、もともとは、飛行機の着陸を意味する言葉です。ランディングページは、ユーザーが外部からリンクや検索エンジンなどを経由して、自社サイトに飛来してくる着地点ということになります。

なぜ、ランディングページなのか?

なぜ、ランディングページという概念が存在するのでしょうか?

ひとことで言うと、ユーザーは、ウェブサイトに来訪して回遊する際、トップページから順を追って階層を下って見るとは限らないからです。

みなさんご自身の Web 利用体験と照らしあわせて考えてみると明確だと思いますが、むしろ、検索エンジンやソーシャルメディアからのリンクなどを通じて、直接、下位階層のページを見ることのほうが多いでしょう。

トップページから順を追ってページを遷移することを想定してウェブサイトを設計していると、実際のユーザー行動に合致した動線設計になりません。だからこそ、ランディングページを意識する必要があるのです。

ランディングページを最適化しよう

Web 業界の用語として、「LPO」という言葉があります。Landing Page Optimization の略で、「ランディングページを最適化すること」を意味します。

「ユーザーの目的は何か?」「目的を達成するために、どういうルートでサイトにやってくるのか?」「サイトにやってきてから、どういう遷移でコンテンツを見てゆくのか?」「最終的にはサイトでどうして欲しいのか?(どうなったらユーザーはハッピーなのか)」… といったことを想定し、ランディングページを起点として、ユーザーが滞りなく目的を達成できるようにデザインすることが大切です。

ウェブ戦略の専門家がご相談を承ります。お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。
BtoB企業ウェブ担当者必見のお役立ち情報が満載のウェブ戦略ノウハウ資料が無料でダウンロードできます。

東京~大阪までご支援可能です。まずはお問い合わせフォームよりご相談ください。お問い合わせの前に初めてのかたへをご覧ください。

ウェブマネジメント講座 対面研修2日コース 2017年10月5日(木)、6日(金)@東京
ページの先頭へ