印刷範囲
全体プリント
本文プリント

「お探しのページは見つかりません」を防止してユーザビリティ向上&SEO対策を

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
404ページエラーを防止するための方法を教えてください

ウェブ解析ツールでサイト訪問者の閲覧行動を追っていたところ、「お探しのページが見つかりません」というメッセージを目にしてサイトを閉じてしまっているセッションがありました。404ページエラーを防止するための方法を教えてください。


「お探しのページは見つかりません(404ページエラー)」を防止する

たとえば、何らかの事情で絵部ページを削除した場合、特に対策を打たなければ、来訪者はそれらのページを開くことができません (「ページが見つかりません」というメッセージを目にして立ち往生してしまう結果になります)。

検索エンジンの検索結果や他サイトからのリンクを経由して自社サイトへのアクセスを誘導できても「お探しのページは見つかりません(404ページエラー)」になってしまっては意味がありません。

このような削除済みページ (実際にページが存在しない URL) にアクセスしてきた来訪者に対して、適切に代替ページを提示する (リダイレクトさせる) ことで、来訪者の Web 閲覧行動の妨げを防ぐことができます。

今回は、404ページエラーを防止するための方法をご案内します。

Google Search Consoleを使って「お探しのページが見つかりません」になっているページをチェック

Google Search Console(旧名:Googleウェブマスターツール)の「クロールエラー」という機能を使えば、他ページからリンクを受けているのに「ページが見つかりません。」になってしまっているウェブページを一覧で調べることができます。

エラーになっているページを確認してリダイレクト設定をする

Google Search Consoleでエラーページを見つけたら、実際にクリックして実際にエラーが起こっているか確認しましょう。すでに削除したページや引っ越しをしたページであれば「リダイレクト設定」をかけることで他のページへ誘導してあげましょう。適切にリダイレクトを設定しないと、ユーザビリティが低下してしまうだけでなく、せっかく受けている被リンク(SEO効果があります)も無駄になってしまいます。
リダイレクト設定について詳しくは「ページ引っ越し時はリダイレクト設定を」をご覧ください。

ウェブ戦略の専門家がご相談を承ります。お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。
BtoB企業ウェブ担当者必見のお役立ち情報が満載のウェブ戦略ノウハウ資料が無料でダウンロードできます。

東京~大阪までご支援可能です。まずはお問い合わせフォームよりご相談ください。お問い合わせの前に初めてのかたへをご覧ください。

ページの先頭へ