印刷範囲
全体プリント
本文プリント

「起承転結」で書くべからず

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JQ078_72Aウェブサイトを日々更新する中で、コンテンツのまとめかた、とりわけ文章のまとめかたに悩む方は多いと思います。学校で体系立てて教えられていないので (たまたま、大学のゼミの先生が論文の書きかたに厳しくて、鍛えられた…という方はいらっしゃるかもしれませんが)、多くの方は「見よう見まね」で試行錯誤されているのではないでしょうか。

文章のまとめかたのエッセンスを表わす言葉として、「起承転結」という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。実際に職場の上司や先輩から、「文章は起承転結でまとめるといいよ」と指導された経験がある方も、いらっしゃると思います。

「起承転結」ではなく「結論から書く」を意識しよう

ところが、エッセイのような「読み物」はともかく、基本的には、ウェブサイトのコンテンツは「起承転結」で書くべきではありません。そうではなく逆に、「結論から先に書く」ことを意識したいものです。というのも、特にビジネス用のウェブサイトにおいては、以下のような傾向があるからです。

  • 紙で出力された文章に比べ、電子的な画面で表示される ウェブページの文章は、じっくり読んでもらえない。多くの場合、斜め読みされる。
  • ユーザーは忙しくて、あなたのサイトをじっくり読んでいる暇は無い。
  • Web 閲覧環境が多様化していて、スマートフォンなど小さな画面でアクセスしてくる人も増えている。
  • スマートフォンでアクセスしてくる人は「オフィスの外を移動中」である可能性もある。ちょっとした隙間時間で情報を把握できるかがカギになる。

こうして考えてみると、まず結論 (そのページでユーザーに伝えたいこと) を述べて、そのあとに、結論に至った理由や背景、データによる裏付け、共感できるストーリー、などを展開する…というまとめかたをするのがよいでしょう。

読み手に配慮した「編集」を

「起承転結」というセオリー (?) があまりにもポピュラーなために、「結論から書く」ことに戸惑いを感じる方もいらっしゃるかもしれません。そういう方にはぜひ、「言いたいことをばーっと書く」のではなく、読み手に配慮して「編集する」ことを、心がけていただきたいと思います。

  1. まずはじめに、コンテンツの骨子を箇条書きでまとめます。箇条書きの最初の項目には、結論を書きます。ふたつ目以降の項目で、その結論をサポートする内容をあげてゆきます (理由、背景、データ、など)。
  2. 箇条書きができたら、その箇条書きを上から下までざっと読んでみます。ひとつの話としてつながりがあるか、論旨が明確ですっと頭に入ってくるか、といった点に気をつけるとよいでしょう。話の流れに不自然さが感じられるのであれば、箇条書きの項目順を入れ替えたり、足りない項目を追加してみたり、あるいは話の主旨にあまり関係ない項目は思い切って削除したり…といった修正を加えます。
  3. 箇条書きが固まったら、各項目に肉付けする形で、文章を起こしてゆきます。箇条書きの各項目ごとに小見出しを付けると、さらに読みやすい文章になります。

いかがでしょうか。みなさんのコンテンツ更新時に、参考になれば幸いです。

ウェブ戦略の専門家がご相談を承ります。お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。
BtoB企業ウェブ担当者必見のお役立ち情報が満載のウェブ戦略ノウハウ資料が無料でダウンロードできます。

東京~大阪までご支援可能です。まずはお問い合わせフォームよりご相談ください。お問い合わせの前に初めてのかたへをご覧ください。

BtoB企業の戦略的ウェブサイト活用セミナー 属人営業/感覚営業から脱却するためのウェブ活用術! 2017年7月7日(金)@名古屋
BtoB企業の戦略的ウェブサイト活用セミナー 属人営業/感覚営業から脱却するためのウェブ活用術! 2017年7月27日(木)@品川
ウェブマネジメント講座 対面研修2日コース 2017年10月5日(木)、6日(金)@東京
ページの先頭へ