印刷範囲
全体プリント
本文プリント

Google 検索に出てくる自社情報は修正できる?

投稿日:
Googleで自社名を検索すると、間違った情報が…

Google検索で自社名を検索すると、検索結果の右側に自社に関する情報が表示されます。この情報に誤りがあるので直したいと思うのですが、できるものなのでしょうか?

検索結果右側に表示される情報「ナレッジパネル」の存在

Googleで企業名を検索をすると、検索結果の右側にボックス(囲み)に、その企業に関する情報がコンパクトにまとまって表示されます。このボックスで表示される情報は、「ナレッジパネル」と呼ばれるものです。

「ナレッジパネル」の表示例

通常の検索結果一覧とは別枠で表示されるため、多くのユーザーが、このナレッジパネルを特別な情報として認識する傾向があります。公式情報にも見えるため、信用してしまう人も多いでしょう。

このナレッジパネルに表示される情報は、機械的に自動生成されます。「ナレッジグラフ」と呼ばれる Google独自の知識ベースを応用して、インターネット上のさまざまな情報ソースを参照、取捨選択し、組み合わせることで、ナレッジパネルが作られます。(参考:Introducing the Knowledge Graph: things, not strings Google Official Blog、2012年)

Googleのアルゴリズムによって、ある程度の公平性や客観性は担保されているといえます。しかし参照されている情報ソースに誤った情報が含まれていると、ナレッジパネルにもそれが反映されてしまうことがあり、結果、世間に間違った情報が流れてしまう可能性が出てきます。

ナレッジパネルの内容はコントロールできるのか?

ナレッジパネルが機械的に自動生成される理由には、特定の個人や企業の主観が情報に悪影響を与えないようにするためです。そのため、企業側がこのナレッジパネルの情報を意図的にコントロールすることはできないようになっています。では、ナレッジパネルの内容に誤りがある場合、これを是正する術はまったくないのでしょうか?

実は、ナレッジパネルの情報ソースのひとつとして、「Googleマイビジネス」の情報が利用されているようです。(参考:検索結果の右側のボックス(ナレッジパネル)に表示されるビジネス情報について―Google 広告主コミュニティ

Googleマイビジネスに登録した内容が必ずナレッジパネルに反映されるという保証はありませんが試してみる価値はありそうです。もちろん、公式情報としてGoogleマイビジネスから情報発信するのですから、それを最新の状態にして、信頼性を高めておくことが必要なのは言うまでもないことです。

お役立ちコラム -最新の投稿-

ウェブ戦略の専門家がご相談を承ります。お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。
BtoB企業ウェブ担当者必見のお役立ち情報が満載のウェブ戦略ノウハウ資料が無料でダウンロードできます。

東京~大阪までご支援可能です。まずはお問い合わせフォームよりご相談ください。お問い合わせの前に初めてのかたへをご覧ください。

第6回ウェブマネジメント講座 対面研修2日コース
BtoB企業の戦略的ウェブサイト活用セミナー@東京
第3回「考えていますか?ウェブ制作のチームビルディング」
BtoB企業の戦略的ウェブサイト活用セミナー@名古屋
第3回「考えていますか?ウェブ制作のチームビルディング」
ページの先頭へ