印刷範囲
全体プリント
本文プリント

ご相談の前にお読みください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戦略的ウェブ活用で成果を上げる(ROIを高める)ために不可欠なこと

戦略的ウェブサイトは特効薬でも、万能薬でもありません。しかし、戦略的ウェブサイト構築プロジェクトを通じてみずからの組織と向き合い「顧客とは誰か?」「私たちの強みは?」を振り返ることで、戦わずして勝つウェブ戦略が実践できるようになります。そのためには、プロジェクトを始める前に欠かせないことがあります。あやとりへのご相談をご検討中のかたは、ご相談をいただく前に下記をご覧ください。

【1】 トップのスポンサーシップ(理解や協力)を得てください

 トップからのスポンサーシップ(理解や協力)がを得てください

戦略的ウェブサイト構築プロジェクトでは、徹底的に自社組織に向き合い、「変革のリーダーシップ」をとる必要があります。組織内外のさまざまな部門とも調整し、協力を得なければいけません。全社でウェブ活用に取り組む環境づくりが大事です。
そのためには、経営者層やマネージャー層が戦略的ウェブ活用のありかたや重要性を理解し、「(よい意味で)変わろう」という意思をもって、プロジェクトへの協力をしてくれなければ、成功しません。
いくら現場で、「ウェブを活用して変わりたい、変わろう」と思っても、トップの理解がなければプロジェクトは座礁します。

  • トップのスポンサーシップを得るための働きかけでお悩みの場合は、経営層向けプレゼンテーションも支援しています。ご希望のかたは、ご相談ください。


【2】 自社組織の文化や風土との相性を確認してください

自社組織の文化や風土との相性を確認してください

あやとりのアプローチ方法がすべてではありません。御社組織の文化や風土との相性、ウェブサイトに求めていることによって、合う/合わないがあります。

自社組織の文化や風土と照らしあせて、相性を確認してください。


【3】 RFP(提案依頼書)を作成してください

RFP(提案依頼書)を作成してください
要求定義をせず業者からいきなり提案をもらうのは危険です。業者の話を聞く前に、自分たちがやりたいことや課題に感じていること(要求事項)を丁寧に整理し、RFP(提案依頼書)としてドキュメント化することで、目的に適った提案を得られます。


【4】 時間的余裕をもって、早めにご相談ください

時間的余裕をもって、早めにご相談してください

戦略的ウェブ活用プロジェクトを成功させるためには、事前準備がとても大切です。したがって、発注をいただいた翌日からすぐにプロジェクトキックオフができるわけではありません。
「駆け込み相談」では、プロジェクト開始前に十分な準備をおこなうことができないため、適切なプロジェクト推進体制を組み、十分な工期を確保してプロジェクトを進めることができなくなってしまいます。
日本企業の多くは4月が新年度の始まりです。どこの企業のウェブサイト活用プロジェクトも同じようなスケジュールで進んでいます。当社では、早く契約が結ばれたプロジェクト順に専門家スタッフの工数を割り当てていきます。たくさんのオファーをいただいてがゆえに専門家スタッフの工数が埋まってしまった場合は、質を優先するために新規ご相談の受け付けを停止させていただく場合があります。
戦略的ウェブサイト構築の導入を検討中のかたは、なるべくお早めにご相談ください。

  • 要件に対して必要なプロジェクト期間が足りない場合は、要件の優先順位/劣後順位を決めたうえで、フェース分けをしたプロジェクト進行をおこなうことも可能です。いずれにしてもお早めにご相談ください。


戦略的ウェブ活用を
取り入れたいかたは
お問い合わせフォームより
ご相談ください
ウェブ戦略の専門家がご相談を承ります。お問い合わせフォームはこちらをクリックしてください。
BtoB企業ウェブ担当者必見のお役立ち情報が満載のウェブ戦略ノウハウ資料が無料でダウンロードできます。

東京~大阪までご支援可能です。まずはお問い合わせフォームよりご相談ください。お問い合わせの前に初めてのかたへをご覧ください。

BtoB企業の戦略的ウェブサイト活用セミナー 属人営業/感覚営業から脱却するためのウェブ活用術! 2017年7月27日(木)@品川
ウェブマネジメント講座 対面研修2日コース 2017年10月5日(木)、6日(金)@東京
ページの先頭へ