ドメイン戦略(ドメイン選定)

    自社の事業戦略と照らしあわせてドメインを選ぶ

    おすすめ資料『戦略的ウェブ活用のエッセンス』 ⇒この資料をダウンロードする

    ドメイン戦略(ドメイン選定)とは

    ドメイン種別や名称は、ブランディングだけでなく、検索エンジン順位(アクセス数)に影響します。
    ドメイン戦略(ドメイン選定)とは、マーケティング戦略にもとづき、企業としてどのようなドメインを取得し、維持、廃棄するかについての方針を練り、施策の成果を最大化するのにふさわしいドメイン体系を精査することです。

    ドメイン戦略(ドメイン選定)の手法詳細

    ドメインの選定/整理
    ドメインの選定/整理ドメインを新規取得する場合や、保有しているドメインの統廃合をする場合は、ターゲット地域に合ったドメインを選定します。
    また、複数のドメインを保有している場合は、維持や廃棄についても計画を立てます。

    ドメイン戦略(ドメイン選定)の効果を高めるポイント

    ドメインの「取得」だけでなく、「維持」や「廃棄」についても慎重に判断する

    ドメインは新たに取得するときばかりに注意が行きがちですが、使わななくなったドメインの維持や廃棄についても慎重な判断が必要です。

    一度使用したドメインの廃棄後のほか者による使われ方によっては、企業ブランディングへのマイナス影響にもつながるリスクがあります。
    ドメインの「取得」だけでなく、「維持」や「廃棄」についても慎重に判断する


    ターゲット地域に合ったドメイン種別を選定する

    ドメインの種類には大きくは、gTLD(特定の領域・分野ごとに割り当てられ地理的制限なしに世界のどこからでも登録することが可能なドメイン)と、ccTLD(各国/地域に割り当てられたドメイン)のふたつに分かれます。
    ドメイン種別は、検索エンジン順位(アクセス数)に影響します。特に多言語サイトは影響が大きいです。自社の事業戦略と、運営するウェブサイトのターゲットとする地域や言語を照らしあわせて、適切なドメインで情報発信することで施策の効果を最大化することができます。
    ドメイン見直しを支援したウェブサイトのアクセス数変化の事例


    あやとりアカデミー

    30分無料オンライン相談 受付中!ウェブ戦略の専門家が
    ご相談を承ります!

    無 料

    ウェブ戦略お役立ち資料

    企業のウェブ担当者必見の
    お役立ち情報が満載!

    ページの先頭へ