PDCA改善

    仮説検証の習慣化でウェブサイトのPDCA改善を定着

    おすすめ資料『PDCAがうまく回る会議のしかた』 
    この資料をダウンロードする

    PDCA運営体制づくりとは

    ウェブサイト運営にゴールはありません。仮説と検証によるPDCA改善に取り組めてこそ、成果を高めることができます。
    PDCA定着では、定期会議、ウェブ解析、課題管理などを定期的に実施するにより、ウェブサイト運営におけるPDCAサイクルが組織内で定着しできるように支援します。

    PDCA運営体制づくりの手法詳細

    運営体制の俯瞰整理(社内関係者/社外業者)

    プロジェクト推進体制整備日々のウェブサイト運営を進めるにあたって、関わる部門や関係者の位置づけや役割を俯瞰整理します。
    また、情報共有すべき対象部門の整理や、連携が必要な別業務や別プロジェクト(製品カタログ改定や基幹システム整備など)との連携方針を定め、プロジェクト間の活動連携を円滑におこなえるようにします。

    ウェブサイト構築プロジェクトに始めてかかわるメンバーが多い場合は、ウェブ担当者育成研修をおこないます。

    ウェブサイト運営委員会(定例会議)開催

    ウェブサイト運営委員会の開催支援大組織になるほど「社内の組織を動かす」ことの難易度が増します。
    社内の役職者に向けて必要な情報提示をし、適切な意思決定ができるようにうながすことや他部門との協力関係を継続的に築くことももウェブ担当者の役割です。
    そのための機会を作る方法のひとつが、定期的にウェブサイト運営委員会を開催することです。
    大手企業でウェブ担当をしてきた経験もいかし、組織調整の支援をおこないます。

    ウェブ担当者からの相談対応(オンライン相談)
    定期的な対面会議に加えて、ビジネスチャットツールやウェブ会議ツールを利用することで気軽にご相談をいただき、きめ細やかなコミュニケーションができるようにしています。

    アクセス解析レポートの作成

    ウェブ解析レポートの作成目標値(KPI)を定め、予実結果の取りまとめをおこない、報告をします。
    数値実績を目にする機会を習慣化することで、ウェブ解析に基づく施策立案を計画的に実践できるようになります。

    報告項目は企業やウェブサイトによって変わります。
    アクセス数やコンバージョン数(お問い合わせ数)といった基本的な指標に加えて、組織体制やウェブサイトの目的に応じた指標で、定点観測します。

    制作会社等の納品物チェック、修正指示書作成

    クライアント様が制作会社や広告代理店などの業者と別途ご契約されている場合は、ウェブ担当部門の補助役として、各業者から納品された成果物のチェックや検討の補助、修正指示書作成の補助などをおこないます。

    これにより、ウェブ担当者の皆さんに専門知識が無い状況でも、適切に意思決定ができるようになります。

    プロジェクト管理ツールの導入

    プロジェクト管理ツールを用いて、わかりやすく工程管理をおこなうことで、タスクの進行状況や課題をウェブサイト運営関係者で共有できるようにします。

    PDCA運営体制づくりの効果を高めるポイント

    業者の専門スキルを引き出すためには、「調整力」が重要

    日々の運営においては、コンテンツ制作やウェブ広告出稿など、さまざまな業務がそれぞれの専門性を持った業者に別々に発注されていることも多いです。そのような場合に起こりがちなのが、業者間での情報共有やおこなう施策の連携が取れず、個別最適になってしまうことです。

    そこで発注者(事業主)側の役割として重要になる、分岐した業務の調整や、各業者に委託した業務を事業計画や全体おウェブ活用方針と照らし合わせて俯瞰的に分析評価し、改善策立案や投資配分の見直しをすることです。


    将来的には、「自力で」できるようになることを目指す

    あやとりのPDCA運営支援は、未来永劫支援し続けるのではなく、将来的にはウェブ担当部門として独り立ちして内製化できることを目指して進めます。

    もちろん、継続的に支援を続けることもできますが、徐々に内製化できるようになること意識しながら進めることで、費用対効果を高められるようにします。

    将来的には、「自力で」できるようになることを目指す


    よくいただくご質問

    A

    PDCAとは、Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)の 略で事業活動における管理業務を円滑に進める手法のひとつです。
    当社ではこの考え方に基づきつつ、 Checkから改善サイクルを回すことを重視しています。Check(分析)→ Act(課題棚卸し)→ Plan(改善計画)→ Do(改善実行)この4段階を繰り返すことによって、ウェブサイトを継続的に改善します。

    関連サービス

    あやとりアカデミー

    30分無料オンライン相談 受付中!ウェブ戦略の専門家が
    ご相談を承ります!

    無 料

    ウェブ戦略お役立ち資料

    企業のウェブ担当者必見の
    お役立ち情報が満載!

    ページの先頭へ